本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2018.04.18イベント

4/22 sun Sant Jordi pop up shop at foodscape!

image1 (68)

4/23は「サン・ジョルディの日」(スペイン・カタルーニャ地方の祭日で本と花を贈り合う日)です。

それに合わせ今年も一昨年、昨年に続き福島のベーカリーfoodscape!さんの軒先で開かれる微花主催の小さなマーケットに参加します。

本の出品です。

今回は神戸、熊本、尾道でも開催。

店舗は通常営業です。

大阪と緑地を是非回ってください。

 

Sant Jordi pop up shop at foodscape!

2018.4.22 sun 9:00-17:00

Flower |

Grotta Flower Lab

Books |

blackbird books

長谷川書店

nmn

oops! books!

微花

image1 (70)

 

2018.04.11ブログ

blackbirdからの手紙 5 2018.4.11

小学校入学おめでとう。

でもいきなり言われても何がおめでとうか分からないよね。

入学を自分から目指してきたわけではないし。

小学校に入るくらい大きくなっておめでとうかな。

でもそれならありがとうだな。

ここまで育ってくれてありがとう。

 

小学校楽しく行けるといいね。

色んな友達がいて色んな先生がいて色んなことがあると思うけど、たくさん勉強してたくさん遊んでください。

もしかしたら行きたくない、なんてこともあるかも知れないけどその時はちゃんと耳を傾けられるようにします。

 

お父さんは自慢じゃなけれど、3つの小学校に行っていました。

それぞれの場所で色んな思い出があります。

先生に怒られたこととかは良く覚えているけれど、正直学校での出来事はほとんど覚えていません。

それよりも校庭のどこに鉄棒があったとか、どこに桜の木があったとか、友達との帰り道にカエルを山ほど捕まえたこととか、

帰り道の空の色とか、寄り道して帰り道がわからなくなって不安になったこととか、友達の靴がカッコよかったとか、

遊んでクタクタになって帰ったらお母さんが美味しいご飯を作ってくれていたとか、そんなことは覚えています。

それと好きだった人のことは覚えています。

だから、もしかすると本当に大切なことは学校の中にはないのかも知れない。

でも、それがあなたにとってもそうかと言えばそうではないかも知れない。

何が心に残るのかなんて誰にもわからないから。

あまり偉そうには言えなけれど、どうか型にはまらず楽しんでくれたらいいなと思っています。

学校で学ぶこととそれは矛盾しているのかも知れない。

でもその矛盾を乗り越えられるようにお母さんとお父さんはいるのかも知れない。

何だかおかしな話だけれど。

 

とにかく仲の良い友達と好きな人が出来たらいいね。

算数は苦手なので聞かないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.04.01展示

四月十七日(火)~五月六日(日)寺田マユミ・土門蘭 絵と短歌展『目覚めたら ふたりは世界の果てにいる』

ブラックバードブックスさん展示メインビジュアル---修正A

2017年の年末に届いた短歌とイラストの小さな本「100年後あなたもわたしもいない日に」

顔見知りであるかもめブックスの柳下さんが作る本、寺田さんのイラストが載る本、

そんな欠片のような情報をSNSの片隅で見つけた僕は本が完成するのを待った。

何よりそのタイトルに惹かれた。(これはある短歌の上の句)

僕らがいない世界を想像出来るのか。

僕らがいない世界を愛せるのか。

それは僕らの生き方にも関わってくることだと思っている。

この本は100年後も世界が美しくありますように、と願う祈りのような本だ。

その本を年末からコツコツと届けてきて、今回お店で展示を開催することになった。

見に来ていただける方にとってこの展示が100年後に想いを託せるような道しるべになればいいと願っている。

 

・絵と短歌展『目覚めたら ふたりは世界の果てにいる』 4/17(火)~5/6(日)

土門蘭による書籍未収録の短歌20点を選び、寺田マユミがイラストを描き下ろし

書籍からも12点の「短歌とイラストのペアリング」を選び、新たに額装

作品は全て販売予定です

 

・トークイベント『本をつくるひと vol.4 「100年後あなたもわたしもいない日に」が出来るまで』

4/28(土)18時より

寺田マユミ(イラストレーター)、土門蘭(作家、文鳥)、柳下恭平(かもめブックス店主、編集者、校閲家、文鳥)、岸本敬子(デザイナー、装釘)によるクロストーク

出会い、出版社、書籍が出来るまでの成り立ちを語って頂きます

定員:20名

参加費:1000円

ご予約:blackbird books 06-7173-9286 info@blackbirdbooks.jp (お名前、ご連絡先、人数をお知らせください)

100nengo

 

 

2018.03.21お知らせ

4/6(金)はお休みです。

都合により4/6(金)はお休みを頂きます。

通販の発送業務もございません。

何卒ご了承くださいませ。

2018.03.14展示

4.3 Tue – 4.15 Sun 黒坂ひな 小林雅俊 写真展 “VITALITY”

驟榊クゥM逕ィ陦ィ

 

VITALITY

Hina Kurosaka and Masatoshi Kobayashi Photo Exhibition

2018/04/03-04/15 (4/6.4/9 closed)

blackbird booksでは黒坂ひなと小林雅俊による写真展「VITALITY」を開催致します。

 

黒坂には彼女自身の中にある生き方の写し、抱いている気持ちの表れを表現したいという想いがありました。それは大勢の中に生きている彼女自身の内なるvitality。

そして小林は人間が生活する上で自然とは切っても切り離せないものであり、山々や木々、空や雲、太陽といった自然環境から得られる力、我々が生かされているということ、それがvitalityだと感じていました。

内と外、2人がそれぞれの目線で映しだす、「生命力」に満ち満ちたこの世界を、写真を通して感じて頂ければ幸いです。

 

 

【作者プロフィール】

小林雅俊

1989年新潟県長岡市生まれ。

写真館を営む父の影響で幼い頃から登山に親しむ。

ニュージーランドに留学後帰国。

英会話講師の仕事の傍ら風景写真を主に撮影。

現在写真学校で写真を学ぶ。

 

黒坂ひな

1999年香川県坂出市生まれ。

高校時代にトイカメラを購入したのをきっかけに写真を始める。

坂出アートプロジェクトにカタチのブティックメンバーとして参加。

身の回りのスナップ写真を主に撮影。

現在写真学校で写真を学ぶ。