本とわたしを離さないで

category archives : 展示

2019.04.13

5/10(金)-5/26(日) Volkskunst Dresden ドイツ ドレスデン のミュージアムポスター展

dresden

神戸の北欧雑貨店「マルカ」主催のポスター展です。

マルカさんが2019年1月にドイツのドレスデンで買い付けてきたヴィンテージポスターの展示販売をします。

ポスターの他にもスーパーマーケットのエコバッグ、ドイツ買い付けの雑貨もならびます。

たくさんのご来店をお待ちしております。

主催・問い合わせ:マルカ/ 078-272-6083 / markka.shop

 

2019.03.13

4/3(水)~4/21(日)『ことばの生まれる景色』nakaban原画展 4/16(火)トークイベント

写真 2019-03-13 14 48 13

blackbird booksでは4/3(水)~4/21(日)の期間、2019年1月に刊行された『ことばの生まれる景色 辻山良雄 文 nakaban 絵』の原画展を開催致します。

nakabanさんの原画展は2018年春の『窓から見える 世界の風』に続き2度目となります。

またあの青色を飾れることがとても嬉しいです。

展示にあたり「ことばの生まれる景色」オリジナルしおりを配布、そしてnakabanさんが今回巡回するお店をイメージし制作したスタンプを設置致します。

しおりにスタンプを押してお持ち帰りください。

また、4/16(火)には著者である本屋「Title」店主辻山良雄さんと当店店主吉川のトークイベントを開きます。

たくさんのご来店をお待ちしております。

 

『ことばの生まれる景色』

荻窪の本屋「Title」店主・辻山良雄が、一冊の本とそれを端的に表していると思った一節を選び、画家のnakabanがそこからイメージを膨らませた絵を描く。

絵と文で本を旅する四十景。

本の紹介だけではなく、辻山さんの体験や記憶も織り込まれ、確かな読書の温もりが感じられる素晴らしい一冊です。

詳細はこちら

 

トークイベント「絵と文で本を旅する四十景 〜本屋の店主対談・大阪編〜」

辻山良雄(Title店主)×吉川祥一郎(blackbird books店主)

4/16(火)19:00~20:30

参加費:1500円 定員:25名様

ご予約はblackbird books店頭、お電話(06-7173-9286)、メール(info@blackbirdbooks)にて承ります。

お名前、人数をお知らせください。

お互いのお店のことと、本書についてお話します。

 

辻山良雄(つじやま・よしお)
1972年兵庫県生まれ。書店「リブロ」勤務を経て、2016年1月、東京・荻窪に本屋と
カフェとギャラリーの店「Title」をオープン。新聞や雑誌などでの書評、カフェや美術館の
ブックセレクションも手掛ける。
著書に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

 

nakaban(なかばん)
1974年広島県生まれ。画家。旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、イラストレーション、
絵本、文書、映像作品を発表する。
新潮社『とんぼの本』や本書の著者・辻山良雄氏の本屋「Title」のロゴマークを制作。
主な著書は書籍『窓から見える世界の風』(福島あずさ著/創元社)、絵本『よるのむこう』(白泉社)
『ぼくとたいようのふね』(BL出版)など。

IMG_20190313_0002

 

 

2019.02.11

3/6(水)~3/24(日) 岡原功祐写真展 『Fukushima Fragments』3/23(土)トークイベント

FUKUSHIMA

※トークイベントは受付終了致しました。

お問い合わせありがとうございました。

 

 

blackbird booksでは3月6日から3月24日まで写真家岡原功祐の写真展『Fukushima Fragments』を、そして3/23(土)にはトークイベント『後世に写真は残せるのか 岡原功祐×吉田亮人(写真家)』を開催致します。

本展は2015年にフランスのEditions de La Martinièreより刊行された写真集『Fukushima Fragments』を元に構成されます。

『Fukushima Fragments』は東日本大震災が発生し、福島原発事故が起こった2011年3月11日からわずか数週間後の3月末日から岡原さんが

現地福島で撮り始めた一連の作品集です。

 

恐らくこれを読んでいる人は3月が来るとあの日自分が何をしていたのか思い出すでしょう。

そして多くの被災地や福島が今どういう状況なのか考えるでしょう。

それは直接被災していなくとも、同じ土の上に立っている人間としての共通の宿命であり責任だと考えます。

岡原さんは2011年の3月末から「福島のかけら」を集め始めました。

そのかけらが皆様の記憶に残り、何かを問いかけてくることがあれば幸いです。

トークイベントでは過去に親交があり先日写真集『THE ABSENCE OF TWO』を上梓したばかりの写真家吉田亮人さんをお迎えし、

写真をテーマに岡原さんと対談致します。

展示の作品はお買い求め頂けます。

また、写真集は初日の3月6日より店頭にて販売開始致します。

会期中のたくさんのご来店をお待ちしております。(店主)

 

トークイベント

3/23(土)18:00~19:30

『後世に写真は残せるのか』岡原功祐×吉田亮人(写真家)

参加費:1500円 定員:20名様

ご予約はお電話、メールにて承ります。

お名前、人数をお知らせください。

06-7173-9286 info@blackbirdbooks.jp

 

岡原功祐

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南ア国立WITS大学大学院中退。

人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』『Ibasyo』の5冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には『Ibasyo』で、人間性や社会性を重視した写真作品に贈られるW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品で斬新なドキュメンタリー写真に贈られるピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

fukushima_fragments_007 fukushima_fragments_010 fukushima_fragments_015 fukushima_fragments_016 fukushima_fragments_022 fukushima_fragments_023 fukushima_fragments_024 fukushima_fragments_027 fukushima_fragments_029

 

 

 

 

 

2019.01.30

2/19(火)~3/3(日) マメイケダ個展 『塩焼きの今日』

写真 2019-01-30 14 38 59

昨年末刊行した「ふうけい2」(iTohen press)の原画と新作の風景画の展示です。

blackbird booksでは2年前の「ふうけい」刊行記念以来、2度目の展示となります。

 

魚の塩焼きを食べた日のような日常的な風景の絵が飾られます。

原画をはじめ、この2年間でも増えてきたマメさんの本やプロダクトを販売致します。

在廊日などは追ってご案内致します。

どうぞご期待ください。

 

マメイケダ mame ikeda

主に画業。

1992年島根県出雲生まれ大阪在住。

高卒後、惣菜調理の仕事に勤めるが2013年秋頃から絵を描き始め退職して大阪に引っ越す。作品集に『味がある。』(誠光社)『ふうけい』『ふうけい2』(共にiTohen press)がある。

2016年HBファイルコンペ仲條正義賞を受賞。

書籍の装画などのイラストレーションや展覧会での発表などを中心に活動。

好きな食べ物は卵。

2018.09.15

10月10日(水)~10月28日(日)やまぐちめぐみ作品展

ymgmgm

blackbird booksでは49歳で夭逝した絵描き・やまぐちめぐみの初作品集の発刊を記念した作品展を開催致します。

たくさんの作品を絵描き旅立った彼女。作品集には80点を掲載しましたが、掲載できなかった作品が大量に遺っています。

本に掲載できなかった絵を含め、膨大な中から厳選した作品たちを展示します。

当店近くの千里ニュータウンで幼少期を過ごしたやまぐちさんの展示を出来ること、大変嬉しく思っています。

会期中、数点の原画とオリジナルグッズ(ハンカチ、ポスター、ポストカード、トートバッグ)を販売致します。

たくさんのご来店をお待ちしております。

また、本展示は大阪市北区のギャラリー「yolcha ヨルチャ」さんとの同時開催です。(ヨルチャ 9/28~10/28 展示する作品は異なります)

スタンプラリーを開催し、2点巡回された方には特製大判ポストカードをプレゼント致します。

それぞれの異なる雰囲気の中でお楽しみ頂けると幸いです。

 

◎やまぐちめぐみ
1966年大阪府生まれ。千里ニュータウンで幼少期を過ごす。30代半ばから制作活動を開始。2000年セツ・モードセミナー入学。病と闘いながら絵描きに専念し、個展、グループ展に参加、多数の作品を遺す。2015年9月に49 歳で永眠。2016年2月制作途中だった作品に絵本作家とりごえまりが加筆して完成した絵本『コトリちゃん』を出版。

 

『やまぐちめぐみ作品集』

画学生風な試行錯誤を経て、色彩と形がやさしく調和した温かな作風が確立されていくのだけれど、その絵を観ている自分の心も温かくなっていることに気付くのだ。ー奈良美智

作品集の詳細はこちら。