本とわたしを離さないで

category archives : 展示

2021.04.18

5/12(wed)~5/30(sun)『黒い雲と白い雲との境目にグレーではない光が見える』(左右社)刊行記念 西淑原画&パネル展

※現在大阪では緊急事態宣言の発令中です。

blackbird booksでは時短営業を実施中です。(平日17時、土日祝は18時まで)

ご来店予定のお客様は以下の感染対策にご協力ください。

・お連れ様を伴う場合は出来るだけ少人数でのご来店をお願い致します。

・店内での会話は出来るだけお控えください。

・マスクの着用、入り口でのアルコール消毒をお願い致します。

また、17時以降はご予約でのご来店が可能です。(18時半までにご入店いただける方)

お名前とご来店の予定時間を明記の上、 info@blackbirdbooks.jp までお問い合わせください。

お電話でも承ります。

 

『黒い雲と白い雲との境目にグレーではない光が見える』の刊行を記念して、原画&パネル展を開催いたします。
「がん闘病の不安に寄り添う短歌集」である本書は、「あの日の風を記憶するわたしの31字プロジェクト」のクラウドファンディングから生まれました。

このプロジェクトは「がんサバイバー(がん経験者)のそれぞれの想いや体験を31字の”短歌”に表現し一冊の本にすることで、自身の軌跡を記したり、他のサバイバーにエールをおくることにつながるのではないか」という想いから始まった出版プロジェクトです。
26人の女性がんサバイバーによる短歌のレッスンと書籍を監修したのは、歌集『たやすみなさい』『サイレンと犀』(共に書肆侃侃房)の著者、岡野大嗣さん。

プロジェクトメンバーの想いに寄り添った、優しくあたたかみのある描き下ろしイラストを手がけたのは、イラストレーターの西淑さんです。
今回の展示では、西淑さんのイラスト(原画&パネル)、本書収録短歌を展示いたします。ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。
コロナ禍で不安が募る今こそ、多くの人にこの本が届きますように。

 

「いま、同じ時代を生きている、女性がんサバイバーたちがつくった『口ずさめるお守り』。一つひとつに異なる祈りが込められて、そのまなざしはそれぞれに美しい」ー岡野大嗣

【プロフィール】
イラスト:西淑
福岡生まれ 鳥取、京都を拠点に活動
書籍の装丁、広告、パッケージ、CDジャケット、雑誌、雑貨等のイラストレーションを手がける
ELVIS PRESSより作品集「西淑作品集」を刊行

短歌:26人のがんサバイバー あの風プロジェクト
「がんサバイバー(がん経験者)のそれぞれの想いや体験を31字の”短歌”に表現し一冊の本にすることで、自身の軌跡を記したり、他のサバイバーにエールをおくることにつながるのではないか」という想いからスタートした、女性がんサバイバーによる短歌集の出版プロジェクト。歌人・岡野大嗣による短歌レッスンを経て、26名の女性がんサバイバーが参加。短歌集を出版し、完成した本をサバイバーや団体、病院へ無料で届けるためのクラウドファンディングは開始即達成となった。

 

 

2021.02.24

3/10(wed)-3/28(sun) フジモトマサル傑作パネル展 『フジモトマサル傑作集』(青幻舎)刊行記念

 

 

フジモトマサル(1968−2015)のマンガ、エッセイの選りすぐりを集成した初のベスト版『フジモトマサル傑作集』。その刊行を記念して、傑作パネル展を開催いたします。

未発表マンガ「こどものころにきいたはなし」、「バク博士の発明品リスト」その①、その②、その③、名久井直子制作のzineにのみ発表された「恐ろしい夢を見た」など貴重なマンガを展示します(全てデータ出力原稿)。本書にも未収録の作品ですので、お見逃しなく!

フジモト印の貴重なハンコ(2種類)も会場に。自由に押してもらえたらうれしいです。

 

また、『フジモトマサル傑作集』をお買い上げの方に、本書の刷り出し(すりだし)を1枚、プレゼント。

「刷り出し」とは、本番の印刷の、製本前の状態のもので、複数のページが大きな1枚に収まっているものです。

ここだけの特典ですのでお楽しみに。(数に限りがございます)⇒こちらは終了致しました。

名久井直子(本書の監修&デザイン)と福永信(本書の企画・選・構成)による、全作解説ペーパーも、会場で無料配布しています!

なお、さらに今回、画家マメイケダさんに本書の感想を、絵と文で、かきおろしていただきました。

会場にちょこっと展示しています。

これまた、blackbird booksでしか見られないので、是非観にいらしてください。

 

フジモトマサル傑作パネル展 『フジモトマサル傑作集』(青幻舎)刊行記念

3/10(wed)-3/28(sun)

10:00~19:00 月曜定休

協力:名久井直子

フジモトマサル

マンガ家。イラストレーター。主な作品に、もう一人のフジモト先生ここにあり!児童漫画の大傑作『こぐまのガドガド』、本当のペンギン村がここにある!『スコットくん』、著者畢生のSF大作!『夢みごこち』、ずっと聞いてたい…羊のドリーの純度100パーセントのひとりごと!『ウール100%』、素敵な続編のタイトル!『ウール101%』、そのまた続編で元に戻ります!『ウール100% ドリーの日記』(本書に全編収録)、仕事をサボってむさぼり読みたい大傑作!『二週間の休暇』、実は4コマ漫画の才能もスゴかった!『かわうそ天然気分』、初期のペンタッチもすごくいい!『長めのいい部屋』、彼にしかできない! 随筆と漫画のハイブリッド『終電車ならとっくに行ってしまった』、いつでも来てほしい!『おおかみが来るぞ』(本書に全編収録)、フジモト博士の終わらぬ夢の奇妙な世界!『アナグマ博士の睡眠研究所』(本書に全編収録)、最晩年の傑作随筆『回想の再読』(本書に全編収録)、回文家としても著名だった!『ダンスがすんだ 猫の恋が終わるとき』、実はなぞなぞ作家でもあったのだ!『今日はなぞなぞの日』など多数。世界の全部を一挙につかむ、独自の動物目線とユーモアで多くの読者を魅了した。

2021.01.30

2/17(wed)-3/7(sun) アサノタカオ随筆集『読むことの風』刊行記念 nakaban装画展

2020年10月の発売以来、多くの方に手に取って頂いている『読むことの風 / アサノタカオ』の装画を手がけているnakabanさんの原画展です。

nakabanさんの絵は毎年一度は飾らせてもらっている気がしますが(それだけ本に深く関わってらっしゃいます)、今回は店主も個人的に大好きなコップの絵が並びます。

本も絵もとてもいい風が流れていて、店内も素晴らしい空気になると思います。

 

”「旅と読書は、「本当に大切なこと」を、さびしさに震えるきみに教える」。サウダージ・ブックスの編集人であるアサノタカオさんが書籍や雑誌、リトルプレス、ウェブマガジンに寄稿したエッセイ、コラム、旅のノートに記したことばを集成した『読むことの風』。ひとりになって自分自身を見つめ直す時間のなかで、世界や他者につながることの意味を問いかける随筆集です。本書の刊行を記念し、装画・本文イラストに使用した画家 nakaban さんの「コップの絵」などの原画を展示します。”(サウダージ・ブックス)

 

【著者紹介】
アサノタカオ
1975年生まれ。編集者。大学卒業後、2000年からブラジルに滞在し、日系移民の人類学的調査に従事。2009年よりサウダージ・ブックスの編集人をつとめるかたわら、現在は新泉社・野草で詩人・山尾三省の本などの企画編集を担当している。

nakaban(なかばん)
画家。広島市在住。絵画、書籍の装画、文章、絵本を発表している。主な著作に絵本『よるのむこう』(白泉社)、『ことばの生まれる景色』(辻山良雄との共著、ナナロク社)、『ランベルマイユコーヒー店』(オクノ修作との共著、ミシマ社) など。

 

 

2020.12.18

2021.1.20-2.7 『芸術家たち2 ミッドセンチュリーの偉人編』SANDER STUDIO原画展

河内タカ『芸術家たち2 ミッドセンチュリーの偉人編』の発売を記念し、本書のイラストを手がけているSANDER STUDIOの原画展を開催致します。

ロングセラーになっている『芸術家たち1 建築とデザインの巨匠編』発売時には当店にタカさんをお招きしてBAUHAUSについてお話して頂きました。

今回は本書をはじめ、&Premiumのタカさんとのタッグでもお馴染み、SANDER STUDIOさんの原画展です。

ミッドセンチュリー=戦後のアメリカ西海岸から始まりアメリカ黄金期を彩った建築、家具、それらを手がけたデザイナーたち。

本書では27組の芸術家たちをタカさんの博学と軽快な語り口で楽しむことが出来、展示ではSANDERさんによるフローレンス・ノル、ハリー・ベルトイア。ジョージ・ナカシマ、ジョージア・オキーフ、リチャード・ノイトラ、ソール・バス、アレキサンダー・カルダー、そしてデビッド・ホックニーら20組の原画をご覧いただけます。

作品はすべて販売致しますので、この機会をどうぞお見逃しなく。

 

 

 

2020.11.14

12/2(wed)-12/20(sun) ナナロク社の詩集フェア 詩と造本展 →1/17(sun)まで会期延長

※12/20までの予定でしたが大変好評につき1/17まで大幅に会期延長致します。

現在は来たくても来られない方がいらっしゃると思います。来年にでも観に来て頂けたら幸いです。

 

谷川俊太郎の詩集をはじめ、詩集、歌集にこだわりを持って出版し続けている『ナナロク社』の詩集フェアを開催致します。

ナナロク社の詩集は造本・装幀も素晴らしく、手に取った時の小さな喜びは何とも言いようがなく、「本が本であること」の意義を再認識させられます。

大正・昭和初期の頃から詩人たちは今では考えられないほどに贅沢で美しい詩集を製作していました。

ナナロク社はその頃の詩人たちが本に込めた想いを時遅しと言えども何とか汲み取ろうとしているように思います。

blackbird booksではその想いに賛同し、フェアを開催致します。

詩集の販売と本の造本について仕様、用紙などを細かく記したレシピを公開。

詩や短歌に興味のある方はもちろん、デザイン、装幀などにご興味のある方も楽しんで頂けます。

そして何と、ナナロク社の悲願であった田口犬男の詩集を2021年1月発売に先駆けて先行販売。→大変好評です。

是非お運びくださいませ。