本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2017.06.22ブログ

“DON’T LOOK BACK IN ANGER”

OASIS

oasisの”DON’T LOOK BACK IN ANGER”という有名な曲がある。

oasisは(確か)ビートルズ以降最も売れたイギリスのロックバンドでこの曲が収録された2nd albumは(確か)1000万枚近く売れたそうで、

日本でも人気のバンドだった。

イギリスで恐らく彼らの名前を知らない人はいないだろう。日本で宇多田ヒカルの名前を知らない人がいないように。

 

僕も彼らが大好きで何度もライブへ足を運んだ。

この”DON’T LOOK BACK IN ANGER”という曲はピアノのイントロから始まるミディアムバラードでライブでは定番のハイライトになっている。

この曲を作ったギタリストの兄(oasisはボーカルとギターの兄弟が中心となっていたバンドだがここでは詳しく話さない)、ノエル・ギャラガーの歌声に合わせオーディエンスも一体となり大合唱となる。

ピアノのイントロが流れるだけで瞬時にその場にいる誰もがあの曲が始まるのだ、と理解する。(FIRST LOVEのイントロのピアノだけで誰もが理解するように)

歌を歌っているとわけもなく涙腺を刺激するメロディーというのがあるけれど、この曲もつんつん刺激してくる。

高校の頃に出会って何度も何度も聴いているけれど、なんだかんだ言ってもいい曲だなとしみじみ思う。

ただ正直に言うと、何度も歌いながら”DON’T LOOK BACK IN ANGER”という意味を上手く噛み砕けずにいた。この約20年もの間。

 

先日マンチェスターで悲劇が起こった。周知のようにコンサート会場でテロが発生したのだ。怒りしかない。

このテロの情報を追っていたら地元マンチェスターの追悼集会で、ある女性が身体を揺らしながら”DON’T LOOK BACK IN ANGER”を口ずさみ、集まっていた人々が次々に歌いだす映像を見た。

oasisはマンチェスター出身のバンドである。

僕はその映像を見ながら初めてこの歌の意味を理解した。というより、頭ではなく身体で理解したように感じた。

20年間、何を歌っているのだろう、と思いながら口ずさんで来たこの曲がすっと身体に入ってくるのを感じた。それはライブで高揚するものとは全く違ったものだった。

作った本人の意図や意思(もしそんなものがあるのなら)とは関係なく、歌詞の意味とは関係なく、単語の意味などではなく、それを歌う人々見て、そうか、そういう曲だったのか、と腑に落ちた。

本を読んだり、音楽を聴いたり、映画を観たりしていると身体に染み込んでくるようなこの感覚。

希望も絶望も一つの塊になって身体の中に飛び込んでくる。

あの集会で口ずさんでいた人々の脳裏に浮かんでいたのがそれぞれ全く別の風景だったとしても、同じ歌を歌い明日へ向かっていたという事実が傷ついた人々を奮い立たせていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.20お知らせ

【イベント/ポップアップショップ】ROOKIE YEAR BOOK TWO 〈ROAD TRIP POP UP SHOP〉 714-7/23 READ YOUR ESSAY WORKSHOP 7/17 

rookie_blackbird A1Psn1RRGhL

 

ROOKIE YEAR BOOKを翻訳・監修、そしてDJ集団Twee Grrrls Club代表、Violet And Claireの店主多屋澄礼さん企画のイベントです。

“ROOKIE YEAR BOOK TWO – ROAD TRIP POP UP SHOP”

in Osaka blackbird books

feat.
fancy a la mode
fig_ui
fragola
joy!
Love Letter
nine stories
The Skips
Sophie et Chocolat
Violet And Claire

ファッションブロガーとして活躍するタヴィ・ゲヴィンソンが編集長となって運営しているウェブマガジン「ROOKIE」の記事を、自ら再編集しまとめたヴィジュアルブック 「ROOKIE YEARBOOK」。
アメリカのティーンエイジャーが感じていること、悩んでいること、憧れていること、気分別のミュージック・プレイリスト、そしてショービズ界で活躍しているおとなへのインタビュー記事など、ガーリー/ドリーミー/ノスタルジック/エッジーなスタイリングセンスのヴィジュアルポートレートなどがぎっしり詰まっています。

TWOは、2012年6月から2013年5月までの記事を掲載。
〈おもな内容〉
こっそりお出かけ/食べること:宣言/書き手のための10のルール/おしゃれしたって、行くところがない/自分を大切にする/なによりも最高なもの:M.I.A./ゴーストハンティングのやり方/仲間外れでもわが道を/遅咲きであること/信仰を超えて/狂おしいほどの愛/ライフスキル(人生の処世術) 中級編/
セックスを発明しよう/「私」らしい男/子どもっぽいんじゃない、子どもらしいだけ/キスのための完全ガイド / ブラック・ガールの教訓/悩みをアートにするって大事/生理について知っておきたかったこと/DIYステンシル….ほか

こちらの『ROOKIE YEARBOOK TWO』の発売を記念し、POP UP SHOP / WORKSHOPを開催します。たくさんのクリエイターさんが「Rookie」の世界観でアクセサリーやTシャツ、トートバッグなどを制作、販売いたします。

7/17(SUN) READ YOUR ESSAY WORKSHOP

ルーキーイヤーブックのロードトリップではティーンエイジャーの
女の子たちが自作のエッセイを朗読するワークショップが開催されています。
それにならって、是非あなたのエッセイをルーキーファンの人たちとシェアしませんか?
テーマはROOKIE YEAR BOOK TWOの9月のテーマである「Drama(ドラマ)」、12月のテーマである「Faith(信念)」2月のテーマである「Passion(情熱)」の3つからお選び頂き、
みんなでサークルを作り、順に一人ずつ読み、ディスカッションするワークショップです。
是非ふるってご参加下さい!

定員:10名
参加料金:1000円 (with small gift)
予約: info@violet-claire.com 宛に 件名「ROOKIE WORKSHOP」、お名前、ご連絡先を明記のうえ、メールでご予約ください。

2017.06.11お知らせ

【イベント】blackbird books 3周年記念トークイベント「夏葉社が読んできたもの 聴いてきたもの」7/8(土)17:00~18:30

図2

bbb3周年を記念して、あの人がまたやって来ます。

1周年記念イベントにも登壇して下さった夏葉社島田潤一郎さん。

店主が愛して止まない夏葉社の本をお一人で出版されています。

2年前のトークイベントが終わった帰り道に島田さんにはこう仰って頂きました。

「bbbにはいいお客さんがたくさんいらっしゃるんですね。3周年も呼んでください」

そんなわけで、何とか3周年。夏葉社の島田さんが再びやって来ます。

前回は一人で出版社をすること、一人で書店をすることについてお話しましたが、今回は島田さんが

「読んできたもの、聴いてきたもの」について。

あの素晴らしい夏葉社の本の数々が生まれた背景には島田さんがこれまで読んできた本や、聴いてきた音楽の影響があるはずです。

プルースト、村上春樹、ビートルズ、ビーチボーイズにサニーデイ・サービス、そして「昔日の客」

当日は本を読み、音楽を耳を傾け、島田さんにお話して頂こうと思います。

また、今回は「島田文庫」と題し店内にて1週間、島田さんの蔵書を棚に並べ古本として販売致します。

夏葉社の背景を皆様と共有出来ればと思います。どうぞお楽しみに。

夏葉社の本はこちらからお買い上げいただけます。

 

『blackbird books 3周年記念トークイベント「夏葉社が読んできたもの 聴いてきたもの」7/8(土)17:00~18:30』

参加費1000円 「季節といなり 豆椿」のおいなりとお茶のセット付

定員20名

ご予約は店頭、お電話(06-7173-9286)、メール(info@blackbirdbooks.jp)(人数、ご連絡先を明記ください)にて受け付けております。

『島田文庫』

夏葉社島田潤一郎さんの蔵書の販売

7/4(火)~7/9(日)blackbird books店内

『季節といなり 豆椿』

bbb店主の地元箕面で、本好きの細井さんが一人で切り盛りされるおいなり屋さん

「いなりを通して季節と出合う」をテーマに季節の食材を使ったいなりが人気です。

https://www.instagram.com/mametsubaki_inari/

 

2017.05.21ブログ

ブックストアで待ちあわせ

bbbをご贔屓にして下さっているあるご夫婦がいる。

月に一度か二度は必ず来られる。

ご主人は無類の本好きであまり時間をかけずに選ばれたものをさっと棚から抜き取りレジに持って来る。

去り際に「また来ます」と言って自転車に乗り帰っていく。

奥様はお花が好きで僕の相方が選んだ花を毎月喜んで買って帰る。

去り際に「ありがとうー」と言って彼女もまた自転車に跨り帰っていく。

時々お二人は時間差でやって来る。

大抵奥様が先にやって来て、しばらくするとご主人がやって来る。

どちらかが買い物か用事を済ませてやって来るようだが細かいことは聞かない。

「今日はお一人ですか?」と奥様に聞くと

「そやねん、珍しいやろ」とニヤニヤする。そうしている内にご主人がやってくる。

「あ、来た」と何事もなかったように言う。

「待ち合わせですか?」

「そやねん。待ち合わせと言えばここしかないやろう」

僕はそれを聞きたくてわざと聞いてみたりするのだ。

最近の人は待ち合わせをすることが下手くそになった、と保坂和志が何かの本で書いていたけれど、

それは場所のことだったか。時間のことだったか。

どこかで誰かを待つ、ということは決して時間の無駄ではなく、貴重な時間だと思う。

そんな時間をウチに預けて下さって感謝しかない。

僕が初めて相方と待ち合わせをしたのは梅田のブックストアだった、ということを思い出した。

 

 

 

 

 

2017.05.20ブログ

カップルズ

カップルが店にやって来る。

多くは片方が片方を誘ってやって来る。

男が本を見たくて女を誘う。

男はじっと黙って本棚を順に眺めていく。

女は雑誌をパラパラとめくり、すぐに退屈そうに店を歩き回る。

女が本を見たくて男を誘う。

女も黙って本棚を眺めたり、探していた本が見つかると「これ見て」と言う。

男は退屈そうにアート関係の本をめくったり、女の横をくっついて歩く。

極稀に二人共がウチを目がけてやってくることがある。

ドアを開けて入るなり無言になってあらゆる本を手に取っていく。

ページをめくる音だけがパラパラと聞こえてくる。

僕は出来るだけ音楽のボリュームを下げる。

いづれにせよ、デートの予定に本屋が組み込まれていることは嬉しい。

ここで買った本が思い出になればなお嬉しい。

何といっても本は形として残るものだから。

僕はどうだったか。

デートに本屋へ行ったかな。

答えは、風に吹かれてもう手の届かないところにある。