本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2021.04.17ブログ

新大阪駅

小中学生の頃は東京と栃木に住んでいて、実家のある神戸に帰省する際は東海道新幹線ひかりに乗って帰った。

車で帰った記憶もあるけれど、きっと親が渋滞にうんざりして電車に乗って帰るようになったのだろう。

 

新大阪駅で降りると東京とは全く違った空気を子どもながらに感じたものだった。

両親に連れられ、人ごみを掻き分けてJR神戸線に乗り込む。三宮に着く頃にはへとへとになっていて、妹はいつも母に抱きついて眠っていた。元町を過ぎ、神戸を過ぎると「まだ?つぎ?」と私は繰り返す。「兵庫、新長田、鷹取、須磨、塩屋、垂水、、、」と母は子守唄のように言う。須磨の海が見えてくる頃にはいつも陽は沈んでいた。

 

一度どういう事情かは分からないが父親と私と二人きりで新大阪駅を歩いていた。

新幹線に乗り込む前に昼食を取ろうと蕎麦屋へ向かった。子どもの事を気にかける父ではなかったから広大な駅の中をはぐれないように懸命に付いて行き、また何を食べたいかと聞くような人でもなかったから、気が付くと蕎麦屋に座っていて、見様見真似で薬味を入れて、ざるそばを啜った。葱の横にうずらの卵があって、それもつゆに入れた。味は覚えていない。蕎麦を食べた後のことも覚えていない。駅はすっかり様変わりしているからあの蕎麦屋は恐らくもうないだろう。

 

私は現在、新大阪駅から地下鉄で北へ三つ目の駅で本屋を営んでいる。

2021.03.31お知らせ

4月より第三火曜日も定休日と致します

2021年4月よりこれまでの毎週月曜日に加え、第三火曜日も定休日と致します。

何卒ご了承くださいませ。

2021.03.21ブログ

幸福の積み木 「絵本のなかへ帰る / 髙村志保」(岬書店)を読んで

「絵本のなかへ帰る / 髙村志保」(岬書店)を読んでいると、

”絵本を手にすれば、あの時読んでもらった本、と思い出が蘇る。

その思い出の中の子どもは一人じゃない。誰かが必ず傍にいる。”

という文章に出会った。

ああそうか、と思った。

 

先日桃の節句で長女が嬉しそうにちらし寿司を食べていた。

忙しい中、妻が作ったものだ。

にんじん、蓮根、椎茸、絹さや、錦糸卵、そしてマグロの漬けがのっていた。

娘の顔を見ていたらおよそ30年前の妹の顔と重なった。

妹も嬉しそうに母が作ったちらし寿司を食べていた。母は鮭のちらし寿司だ。

ちらし寿司を大して好きではなかった僕は何がそんなに美味しいのか、と妹が喜ぶたびに思った。

けれど、あの時の妹も母も、今の娘も妻も、幸福を顔に描いていた。一人ではなかった。横にいた僕も一人ではなかった。

長女はいつかきっと、妻のちらし寿司の味と、あの時一人ではなかったと、思い出すだろう。

 

僕たちは気づかぬ内に幸福の記憶を積み木のように重ねて生きている。

それは誰にも崩せない。

あの年だとか、あの夏だとか、そういうぼんやりとした長い時間ではなくて、絵本を読み聞かせたり、食卓を囲んだりしたような日常の小さな時間がふいに思い出される。

 

そういった記憶があれば何とか生きていけるのではないか。

積み木を一つでも多く、子どもたちに渡してやることが大人の役割ではないのか。

僕は、そんなことを考えた。

 

優れた本は記憶を呼び起こし、大人としての振る舞いを正してくれる。

 

 

 

2021.02.24展示

3/10(wed)-3/28(sun) フジモトマサル傑作パネル展 『フジモトマサル傑作集』(青幻舎)刊行記念

 

 

フジモトマサル(1968−2015)のマンガ、エッセイの選りすぐりを集成した初のベスト版『フジモトマサル傑作集』。その刊行を記念して、傑作パネル展を開催いたします。

未発表マンガ「こどものころにきいたはなし」、「バク博士の発明品リスト」その①、その②、その③、名久井直子制作のzineにのみ発表された「恐ろしい夢を見た」など貴重なマンガを展示します(全てデータ出力原稿)。本書にも未収録の作品ですので、お見逃しなく!

フジモト印の貴重なハンコ(2種類)も会場に。自由に押してもらえたらうれしいです。

 

また、『フジモトマサル傑作集』をお買い上げの方に、本書の刷り出し(すりだし)を1枚、プレゼント。

「刷り出し」とは、本番の印刷の、製本前の状態のもので、複数のページが大きな1枚に収まっているものです。

ここだけの特典ですのでお楽しみに。(数に限りがございます)⇒こちらは終了致しました。

名久井直子(本書の監修&デザイン)と福永信(本書の企画・選・構成)による、全作解説ペーパーも、会場で無料配布しています!

なお、さらに今回、画家マメイケダさんに本書の感想を、絵と文で、かきおろしていただきました。

会場にちょこっと展示しています。

これまた、blackbird booksでしか見られないので、是非観にいらしてください。

 

フジモトマサル傑作パネル展 『フジモトマサル傑作集』(青幻舎)刊行記念

3/10(wed)-3/28(sun)

10:00~19:00 月曜定休

協力:名久井直子

フジモトマサル

マンガ家。イラストレーター。主な作品に、もう一人のフジモト先生ここにあり!児童漫画の大傑作『こぐまのガドガド』、本当のペンギン村がここにある!『スコットくん』、著者畢生のSF大作!『夢みごこち』、ずっと聞いてたい…羊のドリーの純度100パーセントのひとりごと!『ウール100%』、素敵な続編のタイトル!『ウール101%』、そのまた続編で元に戻ります!『ウール100% ドリーの日記』(本書に全編収録)、仕事をサボってむさぼり読みたい大傑作!『二週間の休暇』、実は4コマ漫画の才能もスゴかった!『かわうそ天然気分』、初期のペンタッチもすごくいい!『長めのいい部屋』、彼にしかできない! 随筆と漫画のハイブリッド『終電車ならとっくに行ってしまった』、いつでも来てほしい!『おおかみが来るぞ』(本書に全編収録)、フジモト博士の終わらぬ夢の奇妙な世界!『アナグマ博士の睡眠研究所』(本書に全編収録)、最晩年の傑作随筆『回想の再読』(本書に全編収録)、回文家としても著名だった!『ダンスがすんだ 猫の恋が終わるとき』、実はなぞなぞ作家でもあったのだ!『今日はなぞなぞの日』など多数。世界の全部を一挙につかむ、独自の動物目線とユーモアで多くの読者を魅了した。

2021.01.30展示

2/17(wed)-3/7(sun) アサノタカオ随筆集『読むことの風』刊行記念 nakaban装画展

2020年10月の発売以来、多くの方に手に取って頂いている『読むことの風 / アサノタカオ』の装画を手がけているnakabanさんの原画展です。

nakabanさんの絵は毎年一度は飾らせてもらっている気がしますが(それだけ本に深く関わってらっしゃいます)、今回は店主も個人的に大好きなコップの絵が並びます。

本も絵もとてもいい風が流れていて、店内も素晴らしい空気になると思います。

 

”「旅と読書は、「本当に大切なこと」を、さびしさに震えるきみに教える」。サウダージ・ブックスの編集人であるアサノタカオさんが書籍や雑誌、リトルプレス、ウェブマガジンに寄稿したエッセイ、コラム、旅のノートに記したことばを集成した『読むことの風』。ひとりになって自分自身を見つめ直す時間のなかで、世界や他者につながることの意味を問いかける随筆集です。本書の刊行を記念し、装画・本文イラストに使用した画家 nakaban さんの「コップの絵」などの原画を展示します。”(サウダージ・ブックス)

 

【著者紹介】
アサノタカオ
1975年生まれ。編集者。大学卒業後、2000年からブラジルに滞在し、日系移民の人類学的調査に従事。2009年よりサウダージ・ブックスの編集人をつとめるかたわら、現在は新泉社・野草で詩人・山尾三省の本などの企画編集を担当している。

nakaban(なかばん)
画家。広島市在住。絵画、書籍の装画、文章、絵本を発表している。主な著作に絵本『よるのむこう』(白泉社)、『ことばの生まれる景色』(辻山良雄との共著、ナナロク社)、『ランベルマイユコーヒー店』(オクノ修作との共著、ミシマ社) など。