本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2020.11.20ブログ

阿部海太の絵本 『ぼくが ふえを ふいたら』に寄せて

阿部海太の絵本をどうやって売れば良いのか。

どうやって読者に届ければ良いのか、この数年悩んでいた。

絵本だから、と言って絵本コーナーに挿しておけば良いのか、いや彼は画家だから、と言って美術のコーナーに置いておけば良いのか。

それは違うような気がずっとしていて、中途半端な気持ちで仕入れても売れないだろうと悩んでいた。

けれど絵描きとしての彼を知る僕は何とか彼の絵をたくさんの人に見て欲しいと思っていた。

ギャラリーに足を運ばずとも、本になればその機会は増えるのだからその機会を逃す手はない。

本屋の僕はそのチャンスを活かすことが出来るのだから、本当は積極的に売っていきたい。

 

油絵で幾重にも塗り込まれた圧倒的な色彩は誰も見たことのない原始の風景を思わせる。実際に彼の絵にはいつも動物が登場する。

人間と動物の境界がない世界。見たことはないけれど、懐かしい世界。人間の動物としての本能を揺さぶられる世界だ。

本を開くことで読者はその深淵な世界への入口に立つことになる。

その入口を提示することに本屋としての僕は二の足を踏んでいた。

その入口から先に進む人はどのような人だろうと想像出来なかった。

 

けれど、今回の『ぼくが ふえを ふいたら』を読んでその悩みは霧消した。

阿部海太の本は絵本であると同時に詩であり、音楽なのだと思った。

僕は絵本という体裁にこだわり過ぎていたのかも知れない。

本屋として、仕入れる本をどういう人が手に取るだろうと考えることは必要だが、そのことに縛られすぎていたのかも知れない。

まずは何よりも、本と向き合ってみる。

僕はこの絵本に書かれた小さな物語を紙に書き写してみる。

そこには一篇の詩が立ち上がり、音楽が鳴り響いていた。

そうすると本を手に取って読んでいる人の姿が自然と浮かんでくる。

子どもはもちろん読んでいるし、大人も読んでいる。

まとめて絵本を買う人はこの一冊もレジに持ってくる。

詩集と一緒に買う人もいるし、クレーの画集と一緒に買う人もいる。

絵本という枠に囚われず、読者を勝手に想定せず、僕のお店にただ本を求めてやってくる人々に正面から差し出して行こう。

この本に流れている風の音を聴きながら、虹の彩りを見ながら、そう決めた。

 

 

 

 

 

 

2020.11.14展示

12/2(wed)-12/20(sun) ナナロク社の詩集フェア 詩と造本展

谷川俊太郎の詩集をはじめ、詩集、歌集にこだわりを持って出版し続けている『ナナロク社』の詩集フェアを開催致します。

ナナロク社の詩集は造本・装幀も素晴らしく、手に取った時の小さな喜びは何とも言いようがなく、「本が本であること」の意義を再認識させられます。

大正・昭和初期の頃から詩人たちは今では考えられないほどに贅沢で美しい詩集を製作していました。

ナナロク社はその頃の詩人たちが本に込めた想いを時遅しと言えども何とか汲み取ろうとしているように思います。

blackbird booksではその想いに賛同し、フェアを開催致します。

詩集の販売と本の造本について仕様、用紙などを細かく記したレシピを公開。

詩や短歌に興味のある方はもちろん、デザイン、装幀などにご興味のある方も楽しんで頂けます。

そして何と、ナナロク社の悲願であった田口犬男の詩集を2021年1月発売に先駆けて先行販売致予定。

是非お運びくださいませ。

 

2020.11.12お知らせ

11/17(火)臨時休業 11/23(月・祝)振替営業

11/17(火)は私用により休業致します。

11/23(月・祝)に振替営業致します。

また、11/15-17の期間は通販の発送はございません。

何卒ご了承くださいませ。

2020.10.20イベント

11/1(日)19:00~21:00 東千茅×吉村萬壱「極悪対談 生前堆肥になろう」『人類堆肥化計画』刊行記念

『人類堆肥化計画 / 東千茅』(創元社)の刊行を記念し、東千茅(農耕民)と吉村萬壱(小説家)のオンラインによる対談イベントを開催します。

視聴は無料、創元社のYouTubeチャンネンルにアクセスすればどなたでもご覧頂けます。定員もございません。

 

お二人は2019年8月、blackbird booksにて東さんと彼の仲間たちが創刊した雑誌「つち式」を巡って対談を行いました。

その名も「人類堆肥化計画-悦ばしい腐敗、土になりうる人間」。この時のタイトルがそのまま今回の著作に採用されています。

2015年から奈良の里山に移り住んだ東さんは鳥を飼い、大豆と米を作り、動植物らと共生しながら人間の生きる悦びについて問い続けてきました。

研究者でも物書きでもない「不真面目な農耕するホモ・サピエンス」が手探りで開拓してきたからこそ生まれた言葉が本書にはあります。

里山の暮らし、農耕、異種生物との共存、人間の腐敗、そもそも人類の堆肥化とは?、興味は尽きません。

一人の農耕民に人間の破壊を繰り返し書いてきた小説家吉村萬壱が迫ります。

 

事前にご質問を受け付けますので、本書またお二人にご質問のある方はこちらまでご投稿くださいませ。

info@blackbirdbooks.jp

また、当日ツイッターにて #人類堆肥化計画 のハッシュタグでも質問受付ます。是非ご利用ください。

 

司会:blackbird books 吉川

企画:東千茅

共催:創元社 blackbird books

 

アクセスはこちらまで。

 

 

 

2020.10.17展示

11/3(Tue)-11/23(Mon) john manami exhibition “Salad Days”

大阪で活動するイラストレーターjohn manamiの個展を開催致します。

アクリルガッシュを使用したカラフルな作品は日々の暮らしの中で心に残った物や形から生まれました。

今回の展示は初の個展となり「駆け出しのころ」という意味のsalad daysというタイトルが付けられました。

これから精力的に活動される決意も込められています。

展示では原画の展示販売、zineの販売を致します。

 

11/3(Tue)-11/23(Mon) john manami exhibition “Salad Days”

作家在廊日は初日昼ごろまで、最終日15時から17まで、毎週土曜日昼過ぎから数時間の予定です。

期間中11/9.16.17は店舗休業日です。

最終日は17時まで。

 

john manami

1991年岡山県生まれ

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒

大阪府にてイラストレーション制作活動中