本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2017.05.21ブログ

ブックストアで待ちあわせ

bbbをご贔屓にして下さっているあるご夫婦がいる。

月に一度か二度は必ず来られる。

ご主人は無類の本好きであまり時間をかけずに選ばれたものをさっと棚から抜き取りレジに持って来る。

去り際に「また来ます」と言って自転車に乗り帰っていく。

奥様はお花が好きで僕の相方が選んだ花を毎月喜んで買って帰る。

去り際に「ありがとうー」と言って彼女もまた自転車に跨り帰っていく。

時々お二人は時間差でやって来る。

大抵奥様が先にやって来て、しばらくするとご主人がやって来る。

どちらかが買い物か用事を済ませてやって来るようだが細かいことは聞かない。

「今日はお一人ですか?」と奥様に聞くと

「そやねん、珍しいやろ」とニヤニヤする。そうしている内にご主人がやってくる。

「あ、来た」と何事もなかったように言う。

「待ち合わせですか?」

「そやねん。待ち合わせと言えばここしかないやろう」

僕はそれを聞きたくてわざと聞いてみたりするのだ。

最近の人は待ち合わせをすることが下手くそになった、と保坂和志が何かの本で書いていたけれど、

それは場所のことだったか。時間のことだったか。

どこかで誰かを待つ、ということは決して時間の無駄ではなく、貴重な時間だと思う。

そんな時間をウチに預けて下さって感謝しかない。

僕が初めて相方と待ち合わせをしたのは梅田のブックストアだった、ということを思い出した。

 

 

 

 

 

2017.05.20ブログ

カップルズ

カップルが店にやって来る。

多くは片方が片方を誘ってやって来る。

男が本を見たくて女を誘う。

男はじっと黙って本棚を順に眺めていく。

女は雑誌をパラパラとめくり、すぐに退屈そうに店を歩き回る。

女が本を見たくて男を誘う。

女も黙って本棚を眺めたり、探していた本が見つかると「これ見て」と言う。

男は退屈そうにアート関係の本をめくったり、女の横をくっついて歩く。

極稀に二人共がウチを目がけてやってくることがある。

ドアを開けて入るなり無言になってあらゆる本を手に取っていく。

ページをめくる音だけがパラパラと聞こえてくる。

僕は出来るだけ音楽のボリュームを下げる。

いづれにせよ、デートの予定に本屋が組み込まれていることは嬉しい。

ここで買った本が思い出になればなお嬉しい。

何といっても本は形として残るものだから。

僕はどうだったか。

デートに本屋へ行ったかな。

答えは、風に吹かれてもう手の届かないところにある。

 

 

2017.05.07お知らせ

【イベント】blackbird books 3周年記念古本市 2017/6/13(火)-7/2(日)

bbb_3rd_A2poster

おかげさまで、2017/6/10に3周年を迎えます。

そこでお知り合いの本屋さんに声をかけ、当店にて古本市を催すことになりました。

約3週間の間、大阪から、神戸から、たくさんの本が北摂にやってきます。

3周年記念古本市 2017/6/13(火)-7/2(日)

参加店舗はこちら

・居留守文庫 (文の里阿倍野)

・LVDB BOOKS (東住吉)

・1003(神戸元町)

・トンカ書店(神戸元町)

・folk old book store(北浜)

・本は人生のおやつです!!(堂島)

お祭り気分でどうぞお越しくださいませ!

 

 

2017.05.05お知らせ

【展示/イベント】Kite新刊ツアー 2017 「山の名前がわからない」2017 5/30-6/11

2017_tour_dm_Osaka逕サ蜒・2017_tour_dm_Osaka_omote - コピー

      

阿部海太[絵描き]加納千尋[フォトグラファー]阿部航太[デザイナー]村上亜沙美[ブックデザイナー/製本家]によるインディペンデントレーベルKite(カイト)

この度のカイトメンバーによる共作シリーズ第4弾「山の名前がわからない」の出版を記念し恵文社一乗寺店(京都)、blackbird books、Title(東京)と3つの書店をツアー形式でまわり、展示販売フェアを開催致します。

新作3タイトルの原画を展示販売いたします。

当店の展示は5/30(火)から6/11(日)まで。

 

『山の名前がわからない』

写真集|加納千尋(写真)阿部航太(デザイン)Kite(制作)

真夜中のサービス・エリアの風景と、高速バスの車窓で構成された今作から浮かびあがるのは、前後から切り離されたインターバルでしかない時間の、こころもとない快さ。

yamanonamae

2017_tour_dm_Osaka逕サ蜒・2017_tour_dm_Osaka_ura - コピー

 

また、6/10(土)と6/11(日)には写真の参加型イベント「本と花と記念写真」を開催致します。

家族や友人との思い出の写真をお持ち頂き、当店の花店noteでご用意した花と一緒に「写真の写真」を撮影し、Kiteが一冊の写真集に仕立て、参加者の皆様にお届けいたします。

『本と花と記念写真』 6月10日(土)11日(日)10:00-17:00
参加費 1,500円(花代込み) 予約不要
*プリント済みの記念写真を1枚以上ご持参ください。

_DSC1328

 

 

Kiteの本はこちらからもお買い求め頂けます。

 

2017.05.04お知らせ

5月の花店noteは5/27-28 ハーブティー『LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)』販売開始

5月の花店noteは5/27(土)5/28(日)です。

また、5/27よりハーブティー『LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)』の取り扱いを開始致します。

『LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)』

「野生の植物を1本ずつ手でていねいに摘み取って、そのままの形で乾燥させたハーブティー「LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)」。トルコの遊牧民・ヨルックに伝わる昔ながらの知恵を元につくられています。摘み取ってから乾燥に至るまで厳しいルールのもと生産され、BIO の認証マーク(オーガニック認証機関が認定)を取得。 ほぼ加工しないことで植物が持つたくさんの効能を閉じ込めていて、従来と異なる形でありながら、最もシンプルな飲み方ができます」

まず驚かされるのが摘み取ってそのまま乾燥させたハーブを使うということです。

パッケージを開けたときには思わず声を上げました。

乾燥させた原型のハーブをお湯に浸すとすぐにフレーバーを楽しめます。

そして何よりこんなに美味しいハーブティーを飲んだのも初めてでした。

是非皆様にもこの興奮を味わって頂きたいと思います。

今回まずはトルコ産の6種類のハーブをセットにしたものを販売致します。

(ラベンダーフラワー(写真)、ラベンダー、リンデン、マウンテンセージ、タイム、カモミール)

1500円(税別)

小さなパッケージは贈り物にもおすすめです。

近畿圏での取り扱いは現在当店のみでの取り扱いです。(→京都BAL コンランショップでの取り扱いが開始となったようです。5/16)

どうぞお楽しみに。

000000000350_1

000000000350_3

 

0000000003502