本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2019.09.03イベント

【ご予約受付中】10/13(日)ミズモトアキラトークイベント『ぼくのシブヤ景 1988-2014』

シブヤ景・豊中

1980年代後半から2000年代にかけて隆盛を極めたムーブメントであり、いまふたたび音楽/サブカルチャーを愛する人たちから熱い注目を集めている渋谷系。かつて宇田川町にあった旧・HMV渋谷店の邦楽コーナーを発信源とし、やがて世界中に波及した文化大革命。音楽家だけでなく、DJ、グラフィックデザイナー、レコードバイヤー、編集者といった人たちが先導しました。
そんな渋谷系を〈シブヤ景〉という新たな視点で編み直すDJ・編集者のミズモトアキラ。外国の影響に絶えずさらされながら、剽窃と引用、オリジナルとコピィとオマージュのあいだでたえずゆさぶられ、独自の進化を遂げた日本のサブカルチャーを、渋谷系という熱狂の季節をとおして鋭いメスを入れ、様々な謎や疑問を徹底的に究明する───それがトークイヴェント〈ぼくのシブヤ景〉です。

 

僕(店主)が旧・HMV渋谷で働き始めた頃には渋谷系の名残はおろか残り香すらなく、資本に飲み込まれた渋谷の街と同様に一部のインディーズやヒップホップのシーンを除いて画一的で模倣的で退屈な邦楽シーンがあるだけでした。サブカルチャーはひっそりと街のレコードショップに単発的に地下ゲリラ的に潜み、渋谷系をはじめとする90年代のCDは中古で叩き売られていました。

渋谷系を生で体感していたミズモト先輩にはまた積極的に活動を始めた小沢健二や小山田圭吾のように今のシブヤ景を提示して頂き(本人たちは渋谷なんて意識していないと思いますが)、少し遅れてやって来たひよっこのような僕に追体験ではない渋谷系をご教示願いたいと思っています。もちろんど真ん中の40代(以上の方も、若い方も)の皆様は奮ってご参加ください。

告知の画像を見て頂けるとどんな話をされるか想像出来るかと思います。2時間たっぷり一緒に音楽を楽しみましょう。

 

『ぼくのシブヤ景』

10月13日(日)18時30分~20時30分

参加費:1500円 定員:20名様

ご予約・会場:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp (お名前、人数をお知らせください)

 

ミズモトアキラ

Profile [as Editor/Writer]
1969年、松山生まれ。エディター/DJ。音楽、映像、写真、デザインなどを多角的に扱い、文、編集、デザインを手がける傍ら、トークイベントやワークショップの主催も精力的に行っている。

<主な仕事>

[BOOK & ZINE]
2002 『D.J. ディスカバリー・ジャパン』(*水本アキラ名義 Blues Interactions)
2006 『レコード・バイヤーズ・ダイアリー』(*内門洋との共著 リットー・ミュージック)
2011 『レコード・バイヤーズ・グラフィティ』(リットー・ミュージック)
2015 『コテージのビッグ・ウェンズデー』(*堀部篤史との共著 誠光社)
2015 『The Electric Yoru-Tamori Acid Test ヨルタモリ観察往復公開書簡』(*堀部篤史との共著 HERE I AM)
2017 『タモリさんについてい知っていることを話そう。海賊版』(*堀部篤史との共著 HERE I AM)
2018 『YURIKO TAIJUN HANA ① 武田百合子「富士日記」の4426日』(HERE I AM)
2018 『Comme à la radio 〜ラジオのように 』(HERE I AM)

2019.08.30ブログ

隣人は韓国人

 

自宅マンションの隣の部屋には韓国から来た人が住んでいる。

隣人同士というだけではなく、彼女の息子とうちの娘が小学校の同級生で、子どもたちをきっかけに親しくしている。

彼女はよく喋る人で「どうぞどうぞ」と自家製のキムチやチヂミ、トッポギはもちろん、韓国や鶴橋で買ってきた韓国のりなどお土産をたくさん持って来てくれる。

彼女の夫は日本人で二人共教師をしている。

彼女は子どもたちに日本語と韓国語を教えている。

つまり、隣通し、日本と韓国の橋渡しをしている。

僕の想像も及ばないほど文化や生活習慣の違いで幾多の困難があったに違いないが、日本も韓国も大好きだということだ。

だから、昨今の日韓関係を憂いていることは想像に難くない。

この状況を子どもたちにどう説明しているのだろう。

 

嫌韓だとか嫌中だとかいう言葉を見る度に恥ずかしく、申し訳ない気持ちになる。

僕らにさえ何を言っているのか分からない首相が極めて良識的に見える韓国の大統領と会話が出来るとは思えず、また歩み寄る様子も見られず、見通しは極めて暗い。

(日韓のメディアから情報を得ている彼女は双方の偏った報道が両国の関係を一層悪くしているということだ。そしてもちろん子どもたちへの影響を憂慮している)

国際的に孤立し、経済的にも追い込まれていくのはこの島国の方で、彼女にとって日本にいる理由が分からなくなる可能性もある。

もしそうなった時に悲しむのは僕の娘であり彼女の息子なのだ。

世界中で起こっている様々な理不尽な別れや分断が今まさに身近で起こっている。

 

4月、僕たちの家族に新しい子どもが生まれた時、彼女はとても喜んでくれた。

韓国では(恐らく)儒教の影響で家族をとても大切にするらしく、特に子孫が出来た時は家族、親族が集まって盛大にお祝いするそうだ。

自分の子どものように優しい目で見つめ、感激した様子で赤ん坊を抱いてくれた。

本当はもっと派手に踊りたくなるほど嬉しかったのかも知れない。

それほど感極まった様子だった。

そういった喜びを分かち合える人がすぐ隣にいるということはとても幸せなことだ。

彼女にはいつも感謝している。

良い隣人に恵まれたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.08.18展示

9/10(火)-9/29(日) 『夏雨 ナツグレ』加納千尋写真展

NATSUGURE

なてぃぬ なてぃぐれ あむぃ ちや うむぇな

あんま が うとぅしゅん なだ ち うむぇ

(夏の夏雨を雨と思うな、母が落とした涙と思え)

「奄美民俗雑話」登山 修

 

南西諸島の奄美大島に父方のルーツを持つ写真家が

島出身の家族の記憶を聞きとりたずさえ訪れた

現代奄美の写真集とプリントの展示販売

お土産(奄美民芸品の販売)もあります

 

『夏雨 ナツグレ』加納千尋写真展

2019.9/10(火)-9/29(日)

10:00-19:00 初日のみ12:00- 会期中無休

 

イベント

[奄美取材旅行のスライド]

9/21(土) 18:00-19:00  入場料¥500-

奄美産パッションフルーツジュース付き

予約不要

 

加納千尋(写真家)

1984年 埼玉生まれの奄美二世

kanochihiro.com

 

2019.07.28展示

8/21(水)~9/8(日)田口美早紀「とんとんとん」巡回展

TONTONTON

雑誌、書籍の挿画などで活躍中の大阪在住のイラストレーター、田口美早紀(おたぐち)による作品集『We Are Animals.』(ELVIS PRESS)『フユウ・ライフ』(タバブックス)の刊行記念巡回展を開催します。bbbでは『This is Sports』(ELVIS PRESS)もロングセラーになっていて、待望の展示となります。

田口さんの地元である大阪会場は本町にあるtoi booksとblackbird booksの2ヶ所同時開催。(展示、イベント内容はそれぞれ異なります)

『We Are Animals.』と『フユウ・ライフ』、それぞれの原画を展示販売するほか、オリジナルグッズの販売や会場限定のノベルティのプレゼント(キラキラシール!)も予定しております。ゆるやかでユーモラスな、田口美早紀の世界をぜひお楽しみください。

田口美早紀 Misaki Taguchi
イラストレーター。静岡県浜松市出身 大阪府大阪市在住 。軽く二度見してもらえるような、不器用だけど愛がある、 といった感じのものをお届けしたいと思いながらイラストを描いたりしています 。気まぐれに(漫画を描くときなど)おたぐちの名前で活動。作品集に『This is Sports.』(ELVIS PRESS/2015)、『We Are Animals.』(ELVIS PRESS/2019)『フユウ・ライフ』(タバブックス/2019)。
http://otaguchi.com

 

スペシャルイベント: 『アニマルを支える仕事』似顔絵

お好きな動物をお伺いし、あなたが動物を支えている絵を描きます。

日時:8/24(土)(終了致しました、満員御礼) 9/7(土) 13:00~19:00

→受付終了致しました。満員御礼。

料金:A5サイズ 1枚 2,000円+税 (お一人30分ほど)

追加オプション:1枚に2名+1匹(45分 3,500円+税)3名+1匹(60分 5,000円+税)

ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、ご希望の時間帯をお知らせください(先着順)。

※参加条件:作品集『We Are Animals.』(1,300円+税)または『フユウ・ライフ』(1,200円+税)をお買い上げの方が対象となります。当日、会場でご購入も可能です。(すでにお持ちの方は当日必ずご持参ください。)

tontonton2

 

 

2019.07.21イベント

8/17(土)「人類堆肥化計画-悦ばしい腐敗、土になりうる人間」吉村萬壱×東千茅

写真 2019-07-20 16 14 15

この度増刷となった「より生きる」ために創刊した「ライフマガジン」『つち式』主宰の東千茅と小説家吉村萬壱の対談です。

—————

人間を憩わせず、どついていく。
それが、吉村萬壱の小説群と東千茅の主宰する雑誌『つち式』とに共通する態度ではないだろうか。

人間というやつはどうしようもない存在だ。我が物顔でふんぞりかえり、生き物たちを殺しまくり、増えまくる。
全くもって腐っている。
人間なんていないほうがいいのかもしれない。しかし腐敗は、生命を育む堆肥への第一歩でもある。

腐っていることが問題なのではない。腐っているのを誤魔化すことこそが問題なのだ。
ならば、人間をどつきまわし、切り刻み、溶かして、より腐らせていこう。
あなたもわたしも腐っている。手に手をとって、人間なんかやめて堆肥になろう。

そういうことを話すトークイベントです。(東千茅)

—————-

8/17(土)19:00~20:30

「人類堆肥化計画-悦ばしい腐敗、土になりうる人間」吉村萬壱×東千茅

参加費:1500円

定員:20名様

ご予約・会場:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせください。

—————-

吉村萬壱(よしむら・まんいち)

小説家
  1961 年、大阪で育つ。
  2001 年「クチュクチュバーン」で第92 回文學界新人賞を受賞しデビュー。
  2003 年「ハリガネムシ」で第129 回芥川賞受賞。
  2016 年「臣女」で第22 回島清恋愛文学賞受賞。
  他の著書に、
  『バースト・ゾーン』『ボラード病』『ヤイトスエッド』『回遊人』『前世は兎』
  エッセイ『生きていくうえで、かけがえのないこと』など。

東千茅(あづま・ちがや)
農耕者/雑誌『つち式』主宰
1991年、大阪生まれ。
2015年、奈良県宇陀市に移り住み、ほなみちゃん(稲)・ひだぎゅう(大豆)・ニック(鶏)たちと共に里山生活を謳歌している
2018年、雑誌『つち式 二〇一七』を発刊。
他に、「『つち式 二〇一七』著者解題」『たぐい』vol.1(亜紀書房)。