本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2019.03.13展示

4/3(水)~4/21(日)『ことばの生まれる景色』nakaban原画展 4/16(火)トークイベント

写真 2019-03-13 14 48 13

blackbird booksでは4/3(水)~4/21(日)の期間、2019年1月に刊行された『ことばの生まれる景色 辻山良雄 文 nakaban 絵』の原画展を開催致します。

nakabanさんの原画展は2018年春の『窓から見える 世界の風』に続き2度目となります。

またあの青色を飾れることがとても嬉しいです。

展示にあたり「ことばの生まれる景色」オリジナルしおりを配布、そしてnakabanさんが今回巡回するお店をイメージし制作したスタンプを設置致します。

しおりにスタンプを押してお持ち帰りください。

また、4/16(火)には著者である本屋「Title」店主辻山良雄さんと当店店主吉川のトークイベントを開きます。

たくさんのご来店をお待ちしております。

 

『ことばの生まれる景色』

荻窪の本屋「Title」店主・辻山良雄が、一冊の本とそれを端的に表していると思った一節を選び、画家のnakabanがそこからイメージを膨らませた絵を描く。

絵と文で本を旅する四十景。

本の紹介だけではなく、辻山さんの体験や記憶も織り込まれ、確かな読書の温もりが感じられる素晴らしい一冊です。

詳細はこちら

 

トークイベント「絵と文で本を旅する四十景 〜本屋の店主対談・大阪編〜」

辻山良雄(Title店主)×吉川祥一郎(blackbird books店主)

4/16(火)19:00~20:30

参加費:1500円 定員:25名様

ご予約はblackbird books店頭、お電話(06-7173-9286)、メール(info@blackbirdbooks)にて承ります。

お名前、人数をお知らせください。

お互いのお店のことと、本書についてお話します。

 

辻山良雄(つじやま・よしお)
1972年兵庫県生まれ。書店「リブロ」勤務を経て、2016年1月、東京・荻窪に本屋と
カフェとギャラリーの店「Title」をオープン。新聞や雑誌などでの書評、カフェや美術館の
ブックセレクションも手掛ける。
著書に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

 

nakaban(なかばん)
1974年広島県生まれ。画家。旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、イラストレーション、
絵本、文書、映像作品を発表する。
新潮社『とんぼの本』や本書の著者・辻山良雄氏の本屋「Title」のロゴマークを制作。
主な著書は書籍『窓から見える世界の風』(福島あずさ著/創元社)、絵本『よるのむこう』(白泉社)
『ぼくとたいようのふね』(BL出版)など。

IMG_20190313_0002

 

 

2019.03.12ブログ

『ことばの生まれる景色 辻山良雄:文 nakaban:絵』を読んで

写真 2019-03-13 14 48 13

辻山さんに初めてお会いした時、山のような人だと思った。

岩肌の見える先の尖った険しい山ではなく、学校の校庭やショッピングセンターの屋上、または新幹線の車窓から見えるような町を囲む緑の深い静かな山だ。

言葉を交わすとじっとこちらの目を見つめ、動かずにずっとこちらの声を待っている。

実際に辻山さんは身体が大きく、また学生時代登山サークルに所属していて、今も山に登るのが趣味らしい。

 

この本では星野道夫、須賀敦子、谷川俊太郎、ガルシア・マルケス、サリンジャー、カフカ、村上春樹、宮沢賢治、武田百合子、庄野潤三、ミヒャエル・エンデなど読書好きであれば思わず手が伸びる作家の本が紹介され、その作家の入口としても比較的読みやすい本が掲載されているが、もう一つの読みどころとして辻山さんの個人的な体験がことばを生み出していることで、そのことばは僕らの内面にあるものと地続きであったり、そのことばを今求めていたのだ、と思わせてくれる不思議な魅力が溢れていることだ。

石牟礼道子を読んで水俣に向かい、東日本大震災以後、柳田国男や宮沢賢治を思い浮かべ「東北」の山を訪ね歩く。少年時代の記憶や学生時代の話は今村夏子と村上春樹に結びつき、コルビュジェの「小さな家」を自身の実家と重ね合わせ、岸政彦の書く大阪を歩き地元の銭湯に入る。辻山さんの個人的な体験を通してしか生まれないことばが作家たちの物語と交差していく。その交差点で立ち上がる景色は確かに僕らがどこかで見た景色だ。

 

辻山さんの書店「Title」は荻窪の街の中に溶け込み(うっかりすると通り過ぎてしまう)、中へ入ると森のように静かで、本は呼吸をするように並べてあった。

本屋が山のように風景と一体となっている街で僕は安らぎと憧れを覚えた。

 

車を運転していて知らない街に入ったとき、ガラス越しに山を見て方角や自分の居場所を確認することがある。

その山は緑に覆われ、静かに街を見下ろしている。

 

※辻山さんをお迎えするトークイベントを4/17(火)に開催します。ご予約受付中。

写真 2019-03-25 12 18 42 (1)

 

 

 

 

 

 

2019.03.03イベント

3/27(Wed)-3/31(Sun)『PLECO by kna plus』POP UP SHOP vol.5

写真 2019-03-03 11 14 21 写真 2019-03-03 11 16 51

 

毎回大好評のPOP UP SHOP VOL.5です。

土に還るエコバッグ『PLECO by kna plus』

『PLECO』は繊維産業が盛んな福井県にある金津繊維で織られています。

日本の伝統色に基づいた10を超えるカラー展開と伸縮するプリーツ、洗練されたデザインが特徴で、

エコバックとは言えファション性を十分に兼ね備えたバッグです。

今回のために製作した2トーンカラー限定色も販売致します!

そして今回はknaが昨年発表した新商品、プリーツのエプロン『plon』もお披露目します。

オリジナルテキスタイルをもとに洋服を提案するブランドn’uiとの共同制作によるエプロンシリーズ。

日常の作業に向かう気持ちを少し持ち上げてくれるそんなエプロンです。

色は肌馴染みの良い4色展開です。

この機会をどうぞお見逃しなく!

 

写真 2019-03-03 11 14 56 写真 2019-03-03 11 17 06

2019.02.11展示

3/6(水)~3/24(日) 岡原功祐写真展 『Fukushima Fragments』3/23(土)トークイベント

FUKUSHIMA

※トークイベントは受付終了致しました。

お問い合わせありがとうございました。

 

 

blackbird booksでは3月6日から3月24日まで写真家岡原功祐の写真展『Fukushima Fragments』を、そして3/23(土)にはトークイベント『後世に写真は残せるのか 岡原功祐×吉田亮人(写真家)』を開催致します。

本展は2015年にフランスのEditions de La Martinièreより刊行された写真集『Fukushima Fragments』を元に構成されます。

『Fukushima Fragments』は東日本大震災が発生し、福島原発事故が起こった2011年3月11日からわずか数週間後の3月末日から岡原さんが

現地福島で撮り始めた一連の作品集です。

 

恐らくこれを読んでいる人は3月が来るとあの日自分が何をしていたのか思い出すでしょう。

そして多くの被災地や福島が今どういう状況なのか考えるでしょう。

それは直接被災していなくとも、同じ土の上に立っている人間としての共通の宿命であり責任だと考えます。

岡原さんは2011年の3月末から「福島のかけら」を集め始めました。

そのかけらが皆様の記憶に残り、何かを問いかけてくることがあれば幸いです。

トークイベントでは過去に親交があり先日写真集『THE ABSENCE OF TWO』を上梓したばかりの写真家吉田亮人さんをお迎えし、

写真をテーマに岡原さんと対談致します。

展示の作品はお買い求め頂けます。

また、写真集は初日の3月6日より店頭にて販売開始致します。

会期中のたくさんのご来店をお待ちしております。(店主)

 

トークイベント

3/23(土)18:00~19:30

『後世に写真は残せるのか』岡原功祐×吉田亮人(写真家)

参加費:1500円 定員:20名様

ご予約はお電話、メールにて承ります。

お名前、人数をお知らせください。

06-7173-9286 info@blackbirdbooks.jp

 

岡原功祐

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南ア国立WITS大学大学院中退。

人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』『Ibasyo』の5冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には『Ibasyo』で、人間性や社会性を重視した写真作品に贈られるW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品で斬新なドキュメンタリー写真に贈られるピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

fukushima_fragments_007 fukushima_fragments_010 fukushima_fragments_015 fukushima_fragments_016 fukushima_fragments_022 fukushima_fragments_023 fukushima_fragments_024 fukushima_fragments_027 fukushima_fragments_029

 

 

 

 

 

2019.02.07イベント

【受付終了】3/10(日)18:30~「90年代のこと」対談トークイベント 堀部篤史×島田潤一郎

写真 2019-02-07 14 10 13

こちらのイベントは満席となりましたので受付終了とさせて頂きます。

たくさんのお問い合わせありがとうございました。

-----

 

“二十世紀最後の十年間は、僕にとって修行時代だった”

「90年代のこと」刊行を記念し、著者の堀部篤史さん(誠光社)と発行者の島田潤一郎さん(夏葉社)による対談トークイベントを開催致します。

堀部さんは初めての、島田さんは3度目のbbbご登壇です。

貴重な対談、奮ってご参加くださいませ。

 

夏葉社の島田さんから誠光社の堀部さんと90年代についての本を創っていると聞いて、僕は読むのを楽しみにしていました。

お二人は僕より年上の先輩だけれど、やはり90年代に多感な時期を過ごした僕としてもお二人がこの時代にどのような影響を受け、

今のお二人の仕事にどのように繋がっているのか、大変興味があったからです。

帯に「思い出と考察」とあるように過去を振り返りながら今との違いを明確に示し、本屋を続けていくために本当に必要なことを見極めていく。

「昔はよかったなどと言うつもりはないが、もうこれ以上いらないとは強く思う」

「どうしてこんなに息苦しいんだろう」

時に心情を吐露しながらも「修行時代」を冷静に考察することで揺るぎない価値観を記された本書は小商いを続ける多くの人にとっても指針になるのではないでしょうか。

そんな90年代の思い出と考察を聞きに来てください。

 

「90年代のこと」対談トークイベント 堀部篤史×島田潤一郎

3/10(日)

18:30~20:00(18時会場)

定員:25名様

参加費:1200円

ご予約は店頭、お電話、メールにて承ります。

06-7173-9286

info@blackbirdbooks.jp

お名前、人数をお知らせください。

 

堀部篤史

1977年生まれ、京都府出身。学生時代より恵文社一乗寺店でアルバイトを始め、2015年8月まで同店店長を務める。独立後、誠光社を立ち上げ、店舗運営、イベント企画、出版などを手がける。著書に『90年代のこと 僕の修業時代』(夏葉社)、『街を変える小さな店』(京阪神エルマガジン社)ほか。

島田潤一郎

1976年高知県生まれ、東京育ち。2009年9月に出版社夏葉社を吉祥寺で創業。『昔日の客』(関口良雄著)、『星を撒いた街』(上林暁著)などの昭和の名著の復刊などをひとりで手がける。著書に『あしたから出版社』(晶文社)がある。