本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2019.06.30ブログ

5周年

6/10に5周年を迎えた。今は雨が降っている。紫陽花を飾りたい。青色の、紫と青の中間のような青色の紫陽花を飾りたい。幾つかの失敗があり、すれ違いあり、また出会いがあった。近所の幼稚園児が小学生になった。昨年は台風でシャッターが吹き飛んだ。地震で本棚が倒れた。信じられないことに柴田元幸が二回も朗読をしてくれた。客数はそんなに増えていない。作家、画家、写真家が遊びに来るようになった。そのうちの何人かは一方的に友人だと思っている。友人に過ごした年月は関係ない。bbbでは本を出版しないのかと時々言われる。復刊したい詩集が一冊ある。お金が欲しい。「ちょっと見せてください」と言いながら入って来られるのが苦手だ。「買いませんけど」と前置きされているようで「いらっしゃいませ」と言いながら自分の顔が引きつっているのがわかる。池ちゃんが来てくれた。植本一子がうちでトークしたいと言っている。CDの取扱をまだまだねちねち悩んでいる。今年は広島と熊本に行きたい。東京にもう一回行きたい。藤岡拓太郎はいつも自転車でやってくる。お洒落な帽子をかぶって。もともとそんなに見ないテレビをほとんど見なくなった。信じられないことに安倍政権がまだ続いている。年金を払いたくない。本をどんどん好きになっている。発見と驚きに満ちている。触って、開いて、読んで、眺めて、置いて、楽しんでいる。人類がいる限り本は残るだろう。今もどこかで誰かが本を読んでいている。この5年間で出ていった本はどこでどうしているだろう。好きなだけで仕事は出来ない。絵本の品揃えに悩んでいる。買い取りします。通販してますと時々遠方から来てくれる。店のあるマンションの住人が何度か入れ替わっている。時々挨拶を交わしていた家族がどこかへ行ってしまった。常連さんをしばらく見ないと不安になる。大切なお客様が二人亡くなった。これからもそういうことは起こるだろう。面白いことに取材は年を追うごとに減っている。それは健全だと思う。道を行く9割の人が通り過ぎていく。それでいいんだよ、とある芸術家が言った。日常から、生活から、ふと離れた瞬間に店に入ってくる人が必ずいるよ、と言った。雨がやんだ。

 

よちよち歩きだった娘が小学生になり、毎日丘を登っている。春に新しい子どもが生まれた。妻が寝不足で心配だ。彼女が仕入れた花を早く飾りたい。同じく子どもが出来た本を創っている人と「子どもが成人するまでお互いあと20年は頑張りましょう」と話した。商売に鮮度は重要だ。しかし鮮度を失っても輝いている本はある。この本は20年後も読まれているだろか、と考えることがある。と考えることが増えた。今日も死者たちの音楽を聞き、死者たちの本を読んでいる。

2019.06.29イベント

【受付終了】7/26(金) 「台風一過」刊行記念 植本一子トークイベント『家族』

写真 2019-06-29 18 23 52

※満席となりましたので受付終了致しました。

 

この春、河出書房新社から植本一子さんの「台風一過」が刊行されました。

発売を記念しblackbird booksでは著者の植本さんとご指名を受けたbbb店主吉川の対談トークイベントを開催致します。

「台風一過」は表紙を開くと闘病の果に亡くなった夫(ECD)への短い手紙が挟まれています。

そしてこの本は夫が亡くなった2週間後から始まり1周忌で終わる日記です。

これまで「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」と2011年から続いた日記もこれで終わりだろうと僕は思いました。。

2011年のときの「家族」が激動の日々を生きて、また新しい「家族」になったからです。

恋や愛、喪失の裏で植本さんは一貫して家族について書き続けてきました。

それは家族に宛てた手紙のようなものだったのかも知れません。

帯にはこう書かれています。「自分自身として生きること、自分たちの家族をつくること」

対談のテーマは『家族』です。

ご来場お待ちしております。

 

植本 一子
1984年、広島県生まれ。2003年キャノン写真新世紀で優秀賞を受賞。

著書に『働けECD 私の育児混沌記』、『かなわない』、『家族最後の日』、共著に『ホームシック 生活(2~3人分)』がある。

 

「台風一過」刊行記念 植本一子トークイベント『家族』

植本一子×吉川祥一郎 (bbb店主)

7/26(金)19:00~20:30

参加費:1000円

定員:25名

場所・ご予約:→受付終了致しました。

植本さんの著作をお買い上げの方には終演後サイン会を行います。

 

 

2019.06.18イベント

【受付終了】7/20(土) 『詩の夜』西尾勝彦の朗読と詩を書くことについてのお話

写真 2019-06-18 13 18 52

こちら満席となりましたので受付終了致しました。

 

7/20(土)に詩人西尾勝彦さんをお招きし、『詩の夜』を開催致します。

blackbird booksでは2回目となる西尾さんの朗読会に加え、今回は『詩を書くこと』についてお話頂きます。

西尾さんの朗読に耳を傾けたい方はもちろん、詩に興味がある方、詩を書いてみたい方、詩を書いている方、にも是非ご参加頂けると幸いです。

この企画は西尾さんが先日刊行された「のほほんと暮らす」について私達がお話しているところから生まれました。

「のほほんと暮らす」は西尾さんの考える幸福と生活についてのエッセイですが、この夜は「詩が生活にとけこむこと」について一緒に考えて行ければと思います。

詩集「歩きながらはじまること」は多くの方に手にとって頂いております。

こちらをポケットに入れて夜にお出かけください。

 

『詩の夜』西尾勝彦の朗読と詩を書くことについてのお話

7/20(土)

18:30~20:00

参加費:1000円

定員:20名様

ご予約・場所:blackbird books →受付終了致しました。

 

 

 

2019.06.01イベント

【受付追加】7/11(木)19:00~ バウハウスってなに? 河内タカ『芸術家たち[建築とデザインの巨匠編]』刊行記念トークイベント

写真 2019-06-01 14 02 05

※満席のため受付終了しておりましたが、席を追加致します。残り数名ですがご予約承ります。

 

教養として知っておきたい「アート」を楽しみながら読んで学べる、入門者のためのアートガイドブック『芸術家たち[建築とデザインの巨匠編]』

『芸術家たち』はとても読みやすく分かりやすいエッセイで、世界の巨匠たちの仕事を丁寧に紹介されています。難しいことは全く書かれていません。

改めてアートと呼ばれるものが身近にあることを気づかせてくれます。著者河内タカさんの高校卒業と同時に渡米しアートを学び、30年に及ぶ米国でのアートや写真の仕事に携わった経験が、僕ら読者の生活にソフトに還元されていくのが分かります。

blackbird booksではそんな著者河内タカさんをお招きしトークイベントを開催致します。

 

本書は「日本編-ニッポンの現代建築とデザインの夜明け」「北中南米編-受け継がれるミッドセンチュリーの意志」「ヨーロッパ編-バウハウスからモダニズムへ」の3つのセクションに分かれていますが今回は「ヨーロッパ編-バウハウスからモダニズムへ」をメインにお話頂きます。

個人的にも知っているようで知らない、分かっているで分かっていない「バウハウス」。

そしてバウハウスを起点に北欧(建築、デザイン)、そしてルーシー・リー、ハンス・コパーの流れでお話頂きます。

私も楽しく学びたいと思います。

皆様のご参加お待ちしております。

関連する巨匠たち:アルヴァ・アアルト 、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、スティグ・リンドベリ、ヴァルター・グロピウス、マルセル・ブロイヤー、ヘルベルト・バイヤー、ルーシー・リー、ハンス・コパー

 

バウハウスってなに? 河内タカ『芸術家たち[建築とデザインの巨匠編]』刊行記念トークイベント

7/11(木)19:00~20:30

参加費:1000円

定員:20名様 →数席追加致します。

場所・ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせくださいませ。

 

河内タカ
高校卒業後、サンフランシスコのアートカレッジへ留学し、卒業後はニューヨークを拠点を移し、アート写真に関する展覧会のキュレーションや写真集の編集を数多く手がける。
米国に30年間暮らした後の2011年に帰国。
2016年には自身の体験を通したアートや写真のことを綴った著書「アートの入り口 アメリカ編」、及び「ヨーロッパ編」(ともに太田出版)を刊行。

現在は京都に本社を置く便利堂の海外事業部を統括し、写真印刷技法であるコロタイプを国際的に広めるために活動を行いながら、ライターとして日本経済新聞の「美の十選」をはじめ、「&Premium」(マガジンハウス)などへ執筆を行なっている。

 

2019.05.31ブログ

blackbirdからの手紙8 2019.05.31

妹が出来て約一ヶ月、どんな気持ちですか?

どんな気持ちで毎日過ごしていますか?

「かわいい」とお世話をしてくれる一方でお母さんが赤ちゃんに付きっきりだから寂しい感情もあるのかな。

僕にも妹がいるけれど(あなたの叔母ですね)、物心付いた頃からもう横にいたので、特別な感情を持ったことはなかったです。

もう当たり前にいるものとして、家族として、何の疑問も持たずに過ごしていました。

当たり前のように家族があることはとても幸せなことだなと最近思います。

今、当たり前がどんどん崩れていくので家族で寝食を共にするということは朝陽が毎日昇るように普遍的(いつまでも変わらないような)かつかけがえのないことのようにも思えます。

当たり前を用意してくれた父や母には(色々あったけれど)感謝しかありません。

僕や妹のことを僕らが知らないところで守ってくれていたのだとあなた達姉妹が生まれた今、そのことを強く感じます。

僕はあなた達をこれから守って行かなければいけませんが、僕が知らないところでは守ることが出来ません。

物理的に、距離が、お互いのいる場所が離れてしまえば、それは不可能だからです。例えば交通事故とかね。

「守り抜く」というような軽薄な(嘘つきな)政治家の空虚な(中身のない)言葉ではなく、どうあなた達に守ると伝えればよいのか、考えあぐねています。行動でしょうか。

こうして家族について考えていると、仕事とは何か、社会とは何か、政治とは何か、生きるとはどういうことなのか、疑問が沢山溢れてきます。

たくさんの疑問をくれてありがとう。

家族について考えることそのことが、生きるに値することだと言い切っても大げさではないのかも知れません。少なくとも今の僕にとってはそうです。

家族が今の僕の背骨であり、心臓です。こんなことはあなた達に出会うまで考えたこともなかった。

そしてそのことをあなた達に伝えて行かなければならない。

考えることから逃げないようにすること、僕は自分に言い聞かせながらこれを書いています。