本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2018.10.24イベント

11/7~11/25「港の人」フェア

minato

bbbでは11/7(水)から11/25(日)まで鎌倉の出版社「港の人」のフェアを開催致します。

「港の人」は代表の上野さんが中心となって鎌倉の海岸近く、由比ガ浜という所で詩集や歌集、句集、エッセイなど主に文芸の本を刊行されています。

今年で21年目になるそうですが装丁にこだわりながら一貫して生きることの「切実さ」を問う本を編まれて来ました。

港の人の本はまさに言葉の海。私にとってそれは凪の海で、光を浴びた穏やかな水面の下にある無数の生き物のような言葉です。

今回30タイトルを超える本を一堂に紹介致します。

サイン本や購入特典 (荒木経惟による荒木陽子ポートレイトのポストカード、蟲文庫の田中美穂さんの苔の栞セット)をご用意します。

この機会にどうぞご来店くださいませ。

「港の人」の書籍はこちらからもご購入頂けます。

 

余談ですが、

私が「港の人」を強く意識した3つの本があります。

こちらも並ぶ予定ですのでどうぞお楽しみに。

『きのこ文学名作選』(絶版)

『胞子文学名作選』

穴の空いたカバーやページ、著者ごとに違う紙、縦横無尽に広がる文字。

既成の文学集(のみならず本全般)の概念を打ち壊した製本とそれでも絶妙なバランスと美しさを持ち、突拍子のないテーマを掲げたアンソロジーに衝撃を受けました。

 

『珈琲とエクレアと詩人 スケッチ北村太郎 / 橋口幸子』

社名「港の人」の由来となった詩集を創った北村太郎と過ごした鎌倉の日々。

遠い記憶を辿るような美しい文体は個人的にも味わい深く、波のような余韻が続く読書体験でした。

この本については続編とも言える夏葉社の「いちべついらい」と合わせて読むことをお勧めします。

 

『ほとんどみえない / マーク・ストランド』

村上春樹訳の「犬の人生」で日本でも知られることとなったカナダ出身(アメリカへ移住)の作家、マーク・ストランド。

彼の最後の詩集です。知られることになった、とは言えほとんど無名とも言える作家の、しかも詩集を手触りだけで読んでみたいと思わせるような本に仕上げていることに感激しました。

 

minatologo

 

2018.10.19お知らせ

営業時間変更のお知らせ

11/1(木)より営業時間を変更致します。

 

10/31(水)まで

平日 11:00~20:00

土日祝 10:00~19:00

 

11/1(木)から

全日 10:00~19:00

 

定休日(月)の変更はございません。

平日20時まで開けておいて欲しいということがございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

開けておきます。

どうぞよろしくお願い致します。

2018.10.08ブログ

blackbirdからの手紙 6 2018.10.7

初めての運動会お疲れ様。

あなたが胸を上下させながら大の字に寝っ転がっているのを見ると、僕は幸せです。

幸せって何でしょうね。

こんな風に僕があなたを見ている毎日の中のほんの少しの時間を、幸福と呼んで言いのだと思います。

僕にとっての幸せという意味です。

今年の夏は地震や台風で色々あったけれど、同じ屋根の下、すやすやと眠れていることに幸福を感じています。

何年か先に僕は「ああ、あの夏も何だかんだ3人で一緒に暮らせて幸せだったな」と思うでしょう。

ふとそういう確信を持ちました。その時に、家族がどうなっているにせよ。

 

あなたがいつか今のことを幸せだったなと思うかはわかりません。

そう思ってくれたらもちろん嬉しいですが、それ以上に嬉しいのはあなたが今の僕と同じように誰か大切な人が側にいて、その時幸せを感じてくれていることです。

鈍感な僕も最近気づいたのですが、人は一人では幸福にはなれないからです。

子どもでも、夫でも、恋人でも、友人でもいい。

この人といるときが一番幸せ、と言えるような人に出会えることを願っています。

 

 

2018.10.04ブログ

実は時々自分を励ましている。

写真 2018-10-03 18 41 42

夜の自分の店が好きだ。

正確に言うと外から見る夜のbbbが好きだ。

決して明るくはない住宅街の中にぽっとオレンジ色の明かりが灯っていて、その光景に自分で安心している。

よく取材などで「理想のお店は?」とか「どんなお店にして行きたいですか?」と聞かれるけれど上手く答えられない。

理想なんてあまりなくてただ長く続けられればいいと思っている。無愛想ですみません。

ただ最近、夜の店を見ていたら自分の住んでいる近所にこんな本屋があったら嬉しいだろうなと思った。

100円から文庫が買えて、大正や昭和の本があって、絵本があって、料理やマンガの本もあって、数万円するアート本もあって、

混沌としているけれど、そんな一言で言い表せられない店が近所にあったらいいなと思う。

学生だったら通っていただろうと思う。こんな本屋に。

そのオレンジの灯りを見て、実はそうやって時々自分を励ましている。

「悪くないじゃないか」と。

もちろんまだまだ満足なんてしていないし、いい店なんですと自慢したいわけじゃない。

ただ、その灯りが僕の背中を押してくれる時がある。

2018.10.02お知らせ

送料改定のお知らせ

大変恐縮ですが送料改定のお知らせです。

物流業界は色んな要因が重なり配送料がどの業者も値上げとなっており、大変心苦しいのですが当店も値上げせざるを得なくなりました。

何卒ご了承ください。

改定されるのは以下の配送方法です。

・ゆうパック、ゆうパックコレクト(商品代引き)

・ゆうパックコレクト手数料

・ゆうパケット(一部書籍、リトルプレス、zine)

・これまで1万円以上のお買い物で送料無料とさせて頂きましたが1万5千円以上のお買い物で送料無料とさせていただきます。

詳細はこちらでご確認頂けます。