本とわたしを離さないで

本のこと、お店のこと、日々のこと

2019.10.15イベント

【受付終了】11/2(土)『あれからぼくたちは短歌を信じてこれたかな』岡野大嗣×木下龍也トークイベント

IMG_20191019_0003

キャンンセル分の席も受付終了となりました。

 

急遽開催決定!

現在開催中の『たやすみなさい展 ~岡野大嗣の短歌と安福望の絵の展示~』の追加イベントです。

共著『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』(ナナロク社)でご存知の方も多いかと思います、岡野さんの盟友、東京で活動する歌人木下龍也さんの来阪に合わせ、お二人のトークイベントを開催することになりました。

お二人は五年前に都内の書店で『サラダ記念日を越えてゆけ』と題したトークイベントを開きました。

あれから五年後の短歌に対する気持ちや考えを対談形式でお聞きします。

 

『あれからぼくたちは短歌を信じてこれたかな』岡野大嗣×木下龍也トークイベント

トーク終了後サイン会予定

11/2(土)19:00~20:30

参加費:1500円

定員:先着25名様 →受付終了

ご予約・会場:blackbird books / 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp

イベント名、お名前、人数をお知らせください。

 

絵:安福望

IMG_20191019_0004

IMG_20191019_0005

 

 

 

 

 

2019.10.08ブログ

岡野大嗣さんのこと

岡野さんにはblackbird booksがまだ小さなマンションの一室で週末だけ営業していた頃に出会った。

どうやって彼がお店のことを知ってくれたのかは分からない。

何を話したのかは覚えていないし、彼が何の本を買ったのかも思い出せない。

ただレジで会計を済ませると、彼は(今となってはいつものように)少し俯いて、眼鏡の奥から上目遣いでこちらを見て、

「短歌を書いているんです、良かったら読んでみて下さい」と恥ずかしそうに言って『サイレンと犀』を手渡されたのを覚えている。

僕はその頃短歌には全くの無知だったけれど、『サイレンと犀』を瞬時に『silent sigh』に変換して、この人は音楽が好きで僕と同年代なんだなと思った。

『silent sigh』は僕らが出会う10年ほど前にbadly drawn boyが出したシングルで僕は7インチを買ってしまうほどに聞き込んだ大好きな曲だった。(ヒュー・グラントが主演した「about a boy」の主題歌。何と言っても原作がニック・ホーンビィだ)

その本を手にした時には僕にとって彼はもう全く過去のアーティストになっていたけれど、懐かしいメロディーやセンチメンタルな歌詞を思い出して少し嬉しくなった。

そういうことがあってその歌集と岡野さんことは強く印象に残った。

岡野さんはそれから定期的にお店に足を運んでくれていて、お店でも短歌を少し置くようになったり、別の本でイベントに出て頂いたりと交流が今に至るまで続いている。

 

岡野さんの短歌やTwitterでの呟きを見て驚かされるのは幼稚とも取られかねない生命と風景への純粋な眼差しだ。

 

河川敷が朝にまみれてその朝が電車の中の僕にまで来る

ハミングのあれはユーミン お米研ぐ母に西日は深くとどいて

完全にとまったはずの地下鉄がちょっと動いてみんなよろける

もう声は思い出せない でも確か 誕生日たしか昨日だったね

うらがわのかなしみなんて知る由もないコインでも月でもないし

生きるべき命がそこにあることを示して浮かぶ夜光腕章

 

微笑ましい記憶やユーモアに繋がる一瞬の光景、生と死の間に横たわる疑問への純白な問い、それらを31文字で拾い集める。

彼は手のひらからこぼれ落ちる僅かな光も見落とさないように、無くさないように歩いているように見える。

お互いもう40になるけれどどうしてそんな眼差しを持ち続けることが出来るのだろう?

佐野元春の言葉を借りれば「ステキなことは ステキだと無邪気に笑える心」。

岡野さんはそういう心を持っていて、僕はそこに惹かれている。

 

 

 

 

 

2019.09.15展示

10/10(木)-11/3(日)たやすみなさい展 ~岡野大嗣の短歌×安福望の絵の展示~

tayasuminasai - コピー

第一歌集『サイレンと犀』につづく岡野大嗣さんの5年ぶりの第二歌集『たやすみなさい』の刊行を記念した展示を開催致します。

岡野さんは約5年前『サイレンと犀』を手に当店を訪れ、そこから何度かお店を訪ねて下さりお付き合いが始まりました。

5年間、岡野さんとbbbで空想してきた企画です。

2017年に木下龍也さんとの共著『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』(ナナロク社)を発表しつつ岡野さんは5年間ため息をもらしながら、音楽を聴きながら、「忘れたくない風景」を、あるいは「忘れたくない何か」を歌にしてきました。

『たやすみなさい』に込められた小さな祈りを目に見える形で展示します。

『サイレンと犀』に続いて『たやすみなさい』でも装画・挿絵を手掛けているのはイラストレーターの安福望さんです。

『サイレンと犀』の書籍やTwitterアカウント(@silentsigh1412)でおなじみのように、安福さんの絵は風のように、岡野さんの歌、言の葉を運んで来てくれます。

岡野さんは言います。「短歌をパンの種とすれば、安福さんのペンはイースト菌。絵を見た人の心の中に様々にふくらんでいくパンの姿は、作者当人も想像しえない焼き上がりになることがあります」。

焼きたてのパンのにおいが立ち上がるようなお二人の展示、是非観にいらしてください。

展示の絵は全てお買い上げ頂けます。

 

たやすみなさい展 ~岡野大嗣の短歌×安福望の絵の展示~

2019 10/10(木)~11/3(日) ※月曜定休(10/14は特別営業/岡野さん一日店長)

【イベント】

・岡野大嗣の短歌教室(創作の話と事前課題をご案内します

10/19(土)、10/25(金) 両日とも19時スタート。参加費1500円。各日先着20名様。

ご予約 blackbird books

06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp ご希望のお日にち、お名前、人数をお知らせください。

 

・安福望のライブペインティング

11/3(日)最終日 観覧フリー

13時から15時予定。小さな店舗でスペースは限られております。混み合って来た場合は譲り合ってご観覧頂ますようご協力お願い致します。

 

【書籍購入特典】

・オリジナルギターピック『たやすみなさい』購入特典

・オリジナルポストカード(岡野書籍『サイレンと犀』『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』、安福書籍『食器と食パンとペン』『バームクーヘンでわたしは眠った』

【来場特典】

店頭でお買い物(全ての商品が対象)のお客様を対象にレジにて「たやすみなさい」の合言葉で新作短歌5首を掲載したフリーペーパーをプレゼント。

COVERTAYASUMI

 

 

2019.09.14お知らせ

送料改定のお知らせ

消費税率の改定に伴う郵便料金の変更を受けて、送料の一部を10月1日より改定致します。

【ゆうパック/ゆうパックコレクト(代引き)】

関東、中部、近畿、中国、四国、九州はそれぞれ50円値上げ致します。

何卒ご了承くださいませ。

3cm以内の本やzine等を発送出来る【ゆうパケット】は全国一律300円で変更はございません。

古書については出来るだけお安くお届け出来るよう努めて参ります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2019.09.03イベント

【ご予約受付中】10/13(日)ミズモトアキラトークイベント『ぼくのシブヤ景 1988-2014』

シブヤ景・豊中

1980年代後半から2000年代にかけて隆盛を極めたムーブメントであり、いまふたたび音楽/サブカルチャーを愛する人たちから熱い注目を集めている渋谷系。かつて宇田川町にあった旧・HMV渋谷店の邦楽コーナーを発信源とし、やがて世界中に波及した文化大革命。音楽家だけでなく、DJ、グラフィックデザイナー、レコードバイヤー、編集者といった人たちが先導しました。
そんな渋谷系を〈シブヤ景〉という新たな視点で編み直すDJ・編集者のミズモトアキラ。外国の影響に絶えずさらされながら、剽窃と引用、オリジナルとコピィとオマージュのあいだでたえずゆさぶられ、独自の進化を遂げた日本のサブカルチャーを、渋谷系という熱狂の季節をとおして鋭いメスを入れ、様々な謎や疑問を徹底的に究明する───それがトークイヴェント〈ぼくのシブヤ景〉です。

 

僕(店主)が旧・HMV渋谷で働き始めた頃には渋谷系の名残はおろか残り香すらなく、資本に飲み込まれた渋谷の街と同様に一部のインディーズやヒップホップのシーンを除いて画一的で模倣的で退屈な邦楽シーンがあるだけでした。サブカルチャーはひっそりと街のレコードショップに単発的に地下ゲリラ的に潜み、渋谷系をはじめとする90年代のCDは中古で叩き売られていました。

渋谷系を生で体感していたミズモト先輩にはまた積極的に活動を始めた小沢健二や小山田圭吾のように今のシブヤ景を提示して頂き(本人たちは渋谷なんて意識していないと思いますが)、少し遅れてやって来たひよっこのような僕に追体験ではない渋谷系をご教示願いたいと思っています。もちろんど真ん中の40代(以上の方も、若い方も)の皆様は奮ってご参加ください。

告知の画像を見て頂けるとどんな話をされるか想像出来るかと思います。2時間たっぷり一緒に音楽を楽しみましょう。

 

『ぼくのシブヤ景』

10月13日(日)18時30分~20時30分

参加費:1500円 定員:20名様

ご予約・会場:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp (お名前、人数をお知らせください)

 

ミズモトアキラ

Profile [as Editor/Writer]
1969年、松山生まれ。エディター/DJ。音楽、映像、写真、デザインなどを多角的に扱い、文、編集、デザインを手がける傍ら、トークイベントやワークショップの主催も精力的に行っている。

<主な仕事>

[BOOK & ZINE]
2002 『D.J. ディスカバリー・ジャパン』(*水本アキラ名義 Blues Interactions)
2006 『レコード・バイヤーズ・ダイアリー』(*内門洋との共著 リットー・ミュージック)
2011 『レコード・バイヤーズ・グラフィティ』(リットー・ミュージック)
2015 『コテージのビッグ・ウェンズデー』(*堀部篤史との共著 誠光社)
2015 『The Electric Yoru-Tamori Acid Test ヨルタモリ観察往復公開書簡』(*堀部篤史との共著 HERE I AM)
2017 『タモリさんについてい知っていることを話そう。海賊版』(*堀部篤史との共著 HERE I AM)
2018 『YURIKO TAIJUN HANA ① 武田百合子「富士日記」の4426日』(HERE I AM)
2018 『Comme à la radio 〜ラジオのように 』(HERE I AM)