本とわたしを離さないで

category archives : イベント

2024.02.10

【ご予約受付終了】3/9(土) 植本一子トークイベント『私と吉川さんのおしゃべり会 この3年』

※こちら満席となりましたのでご予約の受付を終了致しました。

キャンセルの出た場合はSNSとこちらでご案内いたします。

 

コロナ禍で2度のトークイベント中止。

そして3度目の正直!ということで植本一子さんのトークイベントを開催します。

一子さんを東京からお招きしてbbb店主吉川とおしゃべりします。

多くの方と同じようにこの3年でお互い色々ありました。

一子さんはこの3年の間に本やzineを出し続けていますがそれはつまり色々あったからで、どんどん変わり続けています。

最新刊「さびしさについて」(小説家滝口悠生さんとの共著:2022年に自費出版で出した『往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ』の改題)、「こころはひとりぼっち」そして書き続けた既刊を軸に、配信の予定などもないのでここでしかお話し出来ないことを聞いていきたいと思います。

 

植本 一子(うえもと・いちこ):1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で優秀賞を受賞し、写真家としてのキャリアをスタート。2013年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般向けの記念撮影をライフワークとしている。主な著作に『かなわない』(タバブックス)、『愛は時間がかかる』(筑摩書房)など。

 

植本一子トークイベント『私と吉川さんのおしゃべり会 この3年』

3月9日(土)18:30スタート

参加費:2000円

定員:先着20名様 定員になり次第受付終了となります。⇨受付終了 2/11

ご予約:info@blackbirdbooks.jp、06-7173-9286

(お名前、人数をお知らせください。メールには必ず返信致します。迷惑メール設定などご注意ください。返事がない場合、お手数ですがお問い合わせください)

 

2023.09.05

10/7(土)18時-19時「これが生活なのかしらん」発売記念 小原晩サイン会

まさかこれが自分の生活なのか、とうたがいたくなるときがあります。

それは自分にはもったいないようなしあわせを感じて、という場合もあれば、
たえられないほどかなしくて、という場合もあるのですが、
それはもちろん自分の生活であるわけです。

その自分の生活というものを、つまりは現実を、
べつだん、大げさにも卑屈にもとらえず、そのまま受けいれたとき、
みえてくるのは「ほのおかしさ」ではなかろうかと思います。

ままならない生活にころがる「ほのおかしさ」を私はずっと信じています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自費出版作品としては異例の売れ行きを記録した
『ここで唐揚げ弁当を食べないでください』の小原晩、書き下ろし最新作『これが生活なのかしらん』(大和書房)が発売されました。

発売を記念して、当店にて小原晩サイン会を開催致します。

当店にて『これが生活なのかしらん』をお買い上げの方が対象になります。

ご購入のレシートをお持ちください。(通販の方は参加券を商品と同封致します)

お取り置き、当日のご購入ももちろんOK。メールかお電話にてお問い合わせください。(当日の参加が多数の場合、書籍が売り切れる場合がございます。予めご了承ください)

 

『これが生活なのかしらん』発売記念 小原晩サイン会

10月7日(土) 18:oo-19:00 at blackbird books

大阪府豊中市寺内2-12-1 緑地ハッピーハイツ1F

info@blackbirdbooks.jp / 06-7173-9286

 

小原晩 @obrban

1996年東京生まれ。作家。歌人。

2022年3月に自費出版作品『ここで唐揚げ弁当を食べないでください』を刊行。

独立系書店を中心に話題を呼び、青山ブックセンター本店では、2022年文芸年間ランキング1位獲得。

「小説すばる」6月号に小説が掲載されるなど、精力的に活動中。

2023.06.30

7月23日(日) 水本アキラ トークイベント『武田百合子さんについて知っていることを話そう』

水本アキラさん(エディター・DJ)、当店へ約4年ぶりのご登壇です。

水本さんのライフワークと言える(と言っていいのかしら!?)、”武田百合子が夫・泰淳、娘・花との生活を4426日わたって綴った名著『富士日記』をあきれるほど丁寧に読み解いていこうという試み”『YURIKO TAIJUN HANA 武田百合子『富士日記』の4426日』全3巻が遂に完結!(3巻は7月上旬入荷予定)

武田百合子の世界を知り尽くした水本さんが書籍はもちろん、映像・音声など貴重な資料と共に語り尽くします。

 

水本アキラ

1969年、松山生まれ。エディター/DJ。音楽、映像、写真、デザイン、トークイベント、ワークショップの主催など

武田百合子 (1925-1993)

神奈川県生まれ。旧制高女卒業。「富士日記」で田村俊子賞、「犬が星見た」で読売文学賞を受賞。

 

 

水本アキラ トークイベント『武田百合子さんについて知っていることを話そう』

7/23(日) 19:00 – 20:30

参加費1500円

ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp

お名前、人数をお知らせください。

定員になり次第受付終了となります。

2023.03.12

4月7日(金) 19:00~20:30 トークイベント『わたしは思い出す』

ひとりの女性の育児日記。
その再読をとおして紡がれた30万字超の追憶の記録。
〈震災〉ではなく〈わたし〉を主語にした
4018日の点描、想起と忘却の生活史。

 

仙台市の沿岸部に暮らすかおりさん(仮名)は、2010年6月11日に第一子を出産しました。彼女はその日から育児日記をつけ始めます。そんな矢先、あの大地震が。 彼女はその後も手書きの日記を綴り続けました。1日の終わりに、ひとりだけのダイニングで。言葉を発した日。ぐずって泣き止まない日。留守番を任せた日。 地震から10年後。彼女は日記を再読し、語り始めます。

 

第一子が10歳になるまで、11年分の語りを収録したのが本書『わたしは思い出す』です。

トークイベントではかおりさんと出会い本書の取材・編集・執筆・構成を担当した松本篤さん(AHA!)をお招きし本書の成り立ちを中心にお話を伺います。

育児日記を付けながらひとりの女性が震災後をどのように生活して来たのか、耳を傾けたいと思います。

育児、震災は元より、夫婦、家族、書くこと、幼稚園、仕事、友人、テーマは多岐に渡ります。

育児をしているしていないに関わらず、本書にご興味をお持ちになった方は是非ご参加ください。ご予約お待ちしております。

 

『私は思い出す』トークイベント

4月7日(金)19時スタート

先着15名さま

参加費:1500円

ご予約:info@blackbirdbooks.jp 06-7173-9286 お名前、人数をお知らせください。

 

松本篤

1981年、兵庫県生まれ、大阪府在住。市井の人々の記録の価値に着目したアーカイブ・プロジェクト、AHA!(アハ)を2005年に立ち上げる。記録集『はな子のいる風景』(武蔵野市立吉祥寺美術館、2017)、ウェブサイト『世田谷クロニクル』(生活工房、2019)などの企画・編集を担当。『わたしは思い出す』では、企画立案者として、かおりさんへのインタビューとその編集を行う。

 

 

2022.10.11

10.21(fri) – 11.6(sun)『PLECO by kna plus』POP UP SHOP vol.7

およそ3年ぶりとなる土に還るエコバッグ『PLECO by kna plus』のPOP UP SHOP VOL.7です。

『PLECO』は繊維産業が盛んな福井県にあるクナプラスで織られています。

日本の伝統色に基づいた10を超えるカラー展開と伸縮するプリーツ、洗練されたデザインが特徴で、エコバックとは言えファション性を十分に兼ね備えたバッグです。

本邦初公開となる新色も販売開始致します。どうぞお楽しみに。

※画像は新色の蘇芳色スオウイロ(BORDEAUX)×朱華ハネズ(PINK BEIGE)

※通販は在庫状況を見てご案内いたします。