本とわたしを離さないで

category archives : イベント

2019.07.21

8/17(土)「人類堆肥化計画-悦ばしい腐敗、土になりうる人間」吉村萬壱×東千茅

写真 2019-07-20 16 14 15

この度増刷となった「より生きる」ために創刊した「ライフマガジン」『つち式』主宰の東千茅と小説家吉村萬壱の対談です。

—————

人間を憩わせず、どついていく。
それが、吉村萬壱の小説群と東千茅の主宰する雑誌『つち式』とに共通する態度ではないだろうか。

人間というやつはどうしようもない存在だ。我が物顔でふんぞりかえり、生き物たちを殺しまくり、増えまくる。
全くもって腐っている。
人間なんていないほうがいいのかもしれない。しかし腐敗は、生命を育む堆肥への第一歩でもある。

腐っていることが問題なのではない。腐っているのを誤魔化すことこそが問題なのだ。
ならば、人間をどつきまわし、切り刻み、溶かして、より腐らせていこう。
あなたもわたしも腐っている。手に手をとって、人間なんかやめて堆肥になろう。

そういうことを話すトークイベントです。(東千茅)

—————-

8/17(土)19:00~20:30

「人類堆肥化計画-悦ばしい腐敗、土になりうる人間」吉村萬壱×東千茅

参加費:1500円

定員:20名様

ご予約・会場:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせください。

—————-

吉村萬壱(よしむら・まんいち)

小説家
  1961 年、大阪で育つ。
  2001 年「クチュクチュバーン」で第92 回文學界新人賞を受賞しデビュー。
  2003 年「ハリガネムシ」で第129 回芥川賞受賞。
  2016 年「臣女」で第22 回島清恋愛文学賞受賞。
  他の著書に、
  『バースト・ゾーン』『ボラード病』『ヤイトスエッド』『回遊人』『前世は兎』
  エッセイ『生きていくうえで、かけがえのないこと』など。

東千茅(あづま・ちがや)
農耕者/雑誌『つち式』主宰
1991年、大阪生まれ。
2015年、奈良県宇陀市に移り住み、ほなみちゃん(稲)・ひだぎゅう(大豆)・ニック(鶏)たちと共に里山生活を謳歌している
2018年、雑誌『つち式 二〇一七』を発刊。
他に、「『つち式 二〇一七』著者解題」『たぐい』vol.1(亜紀書房)。

 

2019.06.29

【受付終了】7/26(金) 「台風一過」刊行記念 植本一子トークイベント『家族』

写真 2019-06-29 18 23 52

※満席となりましたので受付終了致しました。

 

この春、河出書房新社から植本一子さんの「台風一過」が刊行されました。

発売を記念しblackbird booksでは著者の植本さんとご指名を受けたbbb店主吉川の対談トークイベントを開催致します。

「台風一過」は表紙を開くと闘病の果に亡くなった夫(ECD)への短い手紙が挟まれています。

そしてこの本は夫が亡くなった2週間後から始まり1周忌で終わる日記です。

これまで「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」と2011年から続いた日記もこれで終わりだろうと僕は思いました。。

2011年のときの「家族」が激動の日々を生きて、また新しい「家族」になったからです。

恋や愛、喪失の裏で植本さんは一貫して家族について書き続けてきました。

それは家族に宛てた手紙のようなものだったのかも知れません。

帯にはこう書かれています。「自分自身として生きること、自分たちの家族をつくること」

対談のテーマは『家族』です。

ご来場お待ちしております。

 

植本 一子
1984年、広島県生まれ。2003年キャノン写真新世紀で優秀賞を受賞。

著書に『働けECD 私の育児混沌記』、『かなわない』、『家族最後の日』、共著に『ホームシック 生活(2~3人分)』がある。

 

「台風一過」刊行記念 植本一子トークイベント『家族』

植本一子×吉川祥一郎 (bbb店主)

7/26(金)19:00~20:30

参加費:1000円

定員:25名

場所・ご予約:→受付終了致しました。

植本さんの著作をお買い上げの方には終演後サイン会を行います。

 

 

2019.06.18

【受付終了】7/20(土) 『詩の夜』西尾勝彦の朗読と詩を書くことについてのお話

写真 2019-06-18 13 18 52

こちら満席となりましたので受付終了致しました。

 

7/20(土)に詩人西尾勝彦さんをお招きし、『詩の夜』を開催致します。

blackbird booksでは2回目となる西尾さんの朗読会に加え、今回は『詩を書くこと』についてお話頂きます。

西尾さんの朗読に耳を傾けたい方はもちろん、詩に興味がある方、詩を書いてみたい方、詩を書いている方、にも是非ご参加頂けると幸いです。

この企画は西尾さんが先日刊行された「のほほんと暮らす」について私達がお話しているところから生まれました。

「のほほんと暮らす」は西尾さんの考える幸福と生活についてのエッセイですが、この夜は「詩が生活にとけこむこと」について一緒に考えて行ければと思います。

詩集「歩きながらはじまること」は多くの方に手にとって頂いております。

こちらをポケットに入れて夜にお出かけください。

 

『詩の夜』西尾勝彦の朗読と詩を書くことについてのお話

7/20(土)

18:30~20:00

参加費:1000円

定員:20名様

ご予約・場所:blackbird books →受付終了致しました。

 

 

 

2019.06.01

【受付追加】7/11(木)19:00~ バウハウスってなに? 河内タカ『芸術家たち[建築とデザインの巨匠編]』刊行記念トークイベント

写真 2019-06-01 14 02 05

※満席のため受付終了しておりましたが、席を追加致します。残り数名ですがご予約承ります。

 

教養として知っておきたい「アート」を楽しみながら読んで学べる、入門者のためのアートガイドブック『芸術家たち[建築とデザインの巨匠編]』

『芸術家たち』はとても読みやすく分かりやすいエッセイで、世界の巨匠たちの仕事を丁寧に紹介されています。難しいことは全く書かれていません。

改めてアートと呼ばれるものが身近にあることを気づかせてくれます。著者河内タカさんの高校卒業と同時に渡米しアートを学び、30年に及ぶ米国でのアートや写真の仕事に携わった経験が、僕ら読者の生活にソフトに還元されていくのが分かります。

blackbird booksではそんな著者河内タカさんをお招きしトークイベントを開催致します。

 

本書は「日本編-ニッポンの現代建築とデザインの夜明け」「北中南米編-受け継がれるミッドセンチュリーの意志」「ヨーロッパ編-バウハウスからモダニズムへ」の3つのセクションに分かれていますが今回は「ヨーロッパ編-バウハウスからモダニズムへ」をメインにお話頂きます。

個人的にも知っているようで知らない、分かっているで分かっていない「バウハウス」。

そしてバウハウスを起点に北欧(建築、デザイン)、そしてルーシー・リー、ハンス・コパーの流れでお話頂きます。

私も楽しく学びたいと思います。

皆様のご参加お待ちしております。

関連する巨匠たち:アルヴァ・アアルト 、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、スティグ・リンドベリ、ヴァルター・グロピウス、マルセル・ブロイヤー、ヘルベルト・バイヤー、ルーシー・リー、ハンス・コパー

 

バウハウスってなに? 河内タカ『芸術家たち[建築とデザインの巨匠編]』刊行記念トークイベント

7/11(木)19:00~20:30

参加費:1000円

定員:20名様 →数席追加致します。

場所・ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせくださいませ。

 

河内タカ
高校卒業後、サンフランシスコのアートカレッジへ留学し、卒業後はニューヨークを拠点を移し、アート写真に関する展覧会のキュレーションや写真集の編集を数多く手がける。
米国に30年間暮らした後の2011年に帰国。
2016年には自身の体験を通したアートや写真のことを綴った著書「アートの入り口 アメリカ編」、及び「ヨーロッパ編」(ともに太田出版)を刊行。

現在は京都に本社を置く便利堂の海外事業部を統括し、写真印刷技法であるコロタイプを国際的に広めるために活動を行いながら、ライターとして日本経済新聞の「美の十選」をはじめ、「&Premium」(マガジンハウス)などへ執筆を行なっている。

 

2019.05.25

【ご予約受付中】6/28(金) 暮らしと詩のことば 山尾三省 詩のお話とワークショップ

写真 2019-05-25 15 46 11

2019年6月28日(金)19時〜大阪のblackbird booksで、サウダージ・ブックス編集人のアサノタカオのトーク「暮らしと詩のことば」を開催します。

前半は詩人・山尾三省の本『火を焚きなさい』『五月の風』(野草社)についてブックデザイナー納谷衣美さんをお迎えしての対談、後半は参加者とともに詩のことばを読むワークショップを行います。

『火を焚きなさい』は2018年末に発売後bbbでは多くの方に手にとって頂いており、店主にとっても大切な詩集になりました。

この5月に刊行された『五月の風』もいのちの喜びを詠った、どんなに時代が変わっても、あるいは時代の節目に、必要とされる詩集だと思います。

 

出演 アサノタカオ(編集者)+納谷衣美(ブックデザイナー)

前半 詩のことばを語る
・トーク 詩人・山尾三省について アサノタカオ
・アサノタカオと納谷衣美の対談

後半 詩のことばを読む(哲学カフェ風)
詩のワークショップです
・A、Bの2作品から好きな方を選ぶ
・好きな方の作品を2度、目を通して気になる1行を見つける
・その1行から感じたことを発表してもらい、みんなでじっくり聞く

ワークショップの意図

本は一冊をまるごと読み込んで、著者の意図を頭で解釈しないとちゃんと理解したことにならない。そんなふうに思われがちですが、その日の気分や直感で本のページをパラパラめくって、1行・1句の気になることばを見つける。そこに自分との関わりを見つけるコツさえつかめば、その本は今日という一日を豊かにしてくれる、あるいは人生という時間を豊かにしてくれる自分だけの一冊になります。詩というジャンルは、特別な長編詩などではないかぎり、ひとつの作品を読み通すのにそれほど時間がかからないというメリットがあります。詩集だからこそできる、そんな「1行・1句」式の本の読み方、楽しみ方を提案したいと思います。

 

アサノタカオ / 編集者、神奈川・鎌倉在住。サウダージ・ブックス、詩人・山尾三省の生誕80年出版企画に関わる。

納谷衣美 / ブックデザイナー、大阪・高槻在住。装丁・組版の仕事に『本の虫の本』『窓から見える世界の風』『幼年画』など。

 

『暮らしと詩のことば 山尾三省』

6/28(金) 19:00-20:30

定員:20名

参加費:1000円

場所・ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせください。