本とわたしを離さないで

category archives : 展示

2019.07.28

8/21(水)~9/8(日)田口美早紀「とんとんとん」巡回展

TONTONTON

雑誌、書籍の挿画などで活躍中の大阪在住のイラストレーター、田口美早紀(おたぐち)による作品集『We Are Animals.』(ELVIS PRESS)『フユウ・ライフ』(タバブックス)の刊行記念巡回展を開催します。bbbでは『This is Sports』(ELVIS PRESS)もロングセラーになっていて、待望の展示となります。

田口さんの地元である大阪会場は本町にあるtoi booksとblackbird booksの2ヶ所同時開催。(展示、イベント内容はそれぞれ異なります)

『We Are Animals.』と『フユウ・ライフ』、それぞれの原画を展示販売するほか、オリジナルグッズの販売や会場限定のノベルティのプレゼント(キラキラシール!)も予定しております。ゆるやかでユーモラスな、田口美早紀の世界をぜひお楽しみください。

田口美早紀 Misaki Taguchi
イラストレーター。静岡県浜松市出身 大阪府大阪市在住 。軽く二度見してもらえるような、不器用だけど愛がある、 といった感じのものをお届けしたいと思いながらイラストを描いたりしています 。気まぐれに(漫画を描くときなど)おたぐちの名前で活動。作品集に『This is Sports.』(ELVIS PRESS/2015)、『We Are Animals.』(ELVIS PRESS/2019)『フユウ・ライフ』(タバブックス/2019)。
http://otaguchi.com

 

スペシャルイベント: 『アニマルを支える仕事』似顔絵

お好きな動物をお伺いし、あなたが動物を支えている絵を描きます。

日時:8/24(土)(終了致しました、満員御礼) 9/7(土) 13:00~19:00

→受付終了致しました。満員御礼。

料金:A5サイズ 1枚 2,000円+税 (お一人30分ほど)

追加オプション:1枚に2名+1匹(45分 3,500円+税)3名+1匹(60分 5,000円+税)

ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、ご希望の時間帯をお知らせください(先着順)。

※参加条件:作品集『We Are Animals.』(1,300円+税)または『フユウ・ライフ』(1,200円+税)をお買い上げの方が対象となります。当日、会場でご購入も可能です。(すでにお持ちの方は当日必ずご持参ください。)

tontonton2

 

 

2019.07.07

8/7(水)~8/18(日) 小西彩水個展 『それじゃ顔がわからないように』

konishi

“大人になっても大人になれなかったね。合言葉は愛、、、。平凡な日常をまっすぐ生きる青春ライフ・コミック!山下達郎さん、見てくれていますか、、、?”

2019年春に刊行されたコミック『Ayami Konishi』(東南西北 kiken)の反響が止まりません。

blackbird bookではコミックの世界、小西さんの世界を映し出す漫画の展示を開催します。

タイトルから既にもう意味が分からないのですが、楽しい展示になることは間違いなさそうです。

期間中は本人によるお絵かきイベントの他、グッズも販売致します。

どうぞお楽しみに。

 

イベント

『oekaki SHOW time』

お題を頂いて1枚のイラストor 1ページ漫画を描きます。(1ページ漫画を描くのは初の試みです)

例:キリンジ兄弟に挟まれた私、未来の私の彼氏(彼女)、山下達郎が耳元で歌ってくれる etc あなたの妄想や願望を叶えます!

8/11(日)、8/18(日)

両日 12:00-18:00 (予約優先)→8/11 14時、16時 8/18 12時、14時、16時埋まっています。

お一人様 3000円 15分程度

ご予約:blackbird books 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯をお知らせください。

 

小西彩水 Ayami Konishi

イラストレーターとして活動する傍ら2017年より漫画を描き始める

 

2019.05.16

【ご予約受付中】5/29(水)~6/16(日) 『あの日からの或る日の絵とことば』原画展+トークイベント

写真 2019-05-16 14 21 34

『あの日からの或る日の絵とことば 3.11と子どもの本の作家たち』

32人の作家があの日を考えながら描いた絵とエッセイ。東日本大震災から8年後に刊行された本書の原画展を開催致します。

作家たちがそれぞれにあの日と向き合い、記憶を辿り、絵を描き、言葉を紡ぎました。

絵を見て、本を開いて頂くことで、作家の皆さまとご来場の皆さまの記憶が重なる瞬間があれば幸いです。

展示予定作家(一部購入可)

・阿部海太・荒井良二・植田真・坂本千明・スズキコージ・nakaban・長谷川義史・ハダタカヒト・ミロコマチコ・村上慧・本秀康

 

今回の原画展開催に伴い、本書に参加している作家の阿部海太さん、植田真さん、そして編者の筒井大介さんのトークイベントを行います。

『あの日からの或る日の絵とことば』トークイベント

阿部海太+植田真+筒井大介

6/16(日)18:00~19:30

参加費:1500円

定員:20名様

ご予約・開場:blackbird books

06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせください。

 

●阿部海太(あべ・かいた)

1986年生まれ。本のインディペンデント・レーベル「Kite」所属。著書に『みち』(リトルモア)、『みずのこどもたち』(佼成出版社)、『めざめる』(あかね書房)、共著に『はじまりが見える世界の神話』(創元社)。神戸在住。

●植田真(うえだ・まこと)

1973年生まれ。絵本・装画・音楽など幅広く活動。主な作品に『おやすみのあお』(佼成出版社)、『ぼくはかわです』(WAVE出版)、『えのないえほん』(作・斉藤倫 講談社)、『リスのたんじょうび』(著・トーン・テレヘン 訳・野坂悦子 偕成社)、ほか多数。

●筒井大介(つつい・だいすけ)

1978年大阪府生まれ。絵本編集者。担当した絵本に『うちゅうたまご』(荒井良二)、『ブラッキンダー』(スズキコージ)、『オオカミがとぶひ』『オレときいろ』(ミロコマチコ)、『ネコヅメのよる』(町田尚子)、『えとえとがっせん』(石黒亜矢子)、『やましたくんはしゃべらない』(作・山下賢二 絵・中田いくみ)他多数。水曜えほん塾、nowaki 絵本ワークショップ主宰。

 

スクリーンショット 2019-05-16 15.15.26

スクリーンショット 2019-05-16 15.15.50

 

 

 

 

 

2019.03.30

5/10(金)-5/26(日) Volkskunst Dresden ドイツ ドレスデン のミュージアムポスター展

dresden

神戸の北欧雑貨店「マルカ」主催のポスター展です。

マルカさんが2019年1月にドイツのドレスデンで買い付けてきたヴィンテージポスターの展示販売をします。

ポスターの他にもスーパーマーケットのエコバッグ、ドイツ買い付けの雑貨もならびます。

たくさんのご来店をお待ちしております。

主催・問い合わせ:マルカ/ 078-272-6083 / markka.shop

 

2019.03.13

4/3(水)~4/21(日)『ことばの生まれる景色』nakaban原画展 4/16(火)トークイベント

写真 2019-03-13 14 48 13

blackbird booksでは4/3(水)~4/21(日)の期間、2019年1月に刊行された『ことばの生まれる景色 辻山良雄 文 nakaban 絵』の原画展を開催致します。

nakabanさんの原画展は2018年春の『窓から見える 世界の風』に続き2度目となります。

またあの青色を飾れることがとても嬉しいです。

展示にあたり「ことばの生まれる景色」オリジナルしおりを配布、そしてnakabanさんが今回巡回するお店をイメージし制作したスタンプを設置致します。

しおりにスタンプを押してお持ち帰りください。

また、4/16(火)には著者である本屋「Title」店主辻山良雄さんと当店店主吉川のトークイベントを開きます。

たくさんのご来店をお待ちしております。

 

『ことばの生まれる景色』

荻窪の本屋「Title」店主・辻山良雄が、一冊の本とそれを端的に表していると思った一節を選び、画家のnakabanがそこからイメージを膨らませた絵を描く。

絵と文で本を旅する四十景。

本の紹介だけではなく、辻山さんの体験や記憶も織り込まれ、確かな読書の温もりが感じられる素晴らしい一冊です。

詳細はこちら

 

トークイベント「絵と文で本を旅する四十景 〜本屋の店主対談・大阪編〜」

辻山良雄(Title店主)×吉川祥一郎(blackbird books店主)

4/16(火)19:00~20:30

参加費:1500円 定員:25名様

ご予約はblackbird books店頭、お電話(06-7173-9286)、メール(info@blackbirdbooks)にて承ります。

お名前、人数をお知らせください。

お互いのお店のことと、本書についてお話します。

 

辻山良雄(つじやま・よしお)
1972年兵庫県生まれ。書店「リブロ」勤務を経て、2016年1月、東京・荻窪に本屋と
カフェとギャラリーの店「Title」をオープン。新聞や雑誌などでの書評、カフェや美術館の
ブックセレクションも手掛ける。
著書に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

 

nakaban(なかばん)
1974年広島県生まれ。画家。旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、イラストレーション、
絵本、文書、映像作品を発表する。
新潮社『とんぼの本』や本書の著者・辻山良雄氏の本屋「Title」のロゴマークを制作。
主な著書は書籍『窓から見える世界の風』(福島あずさ著/創元社)、絵本『よるのむこう』(白泉社)
『ぼくとたいようのふね』(BL出版)など。

IMG_20190313_0002