本とわたしを離さないで

tag archives : blackbirdからの手紙

2017.09.01ブログ

blackbirdからの手紙 4 2017.9.16

昨夜、家に帰ったらあなたは興奮しながら手紙を書いたので見て欲しいと走り寄ってきました。

それはお母さんの大切な友人であり、あなたも大好きな友人へ宛てた手紙でした。

それは「今度保育所に来て欲しい。そして一緒に帰ってご飯を食べに行こう」という内容でした。

彼女につらい出来事があり、お母さんが贈り物をすることを聞いてあなたは手紙を書く事を思い立ったのでしょう。

僕が「どうしてご飯を一緒に食べたいの?」と聞くと

あなたは「寂しくない?とか聞くよりも一緒にご飯食べようと誘った方が喜んでくれるかな、と思って」とすっと答えました。

僕はその答えに驚き、喜び、何だか嬉しくなりました。

彼女はきっと喜んでくれると思います。

もちろんお母さんも。

 

僕は今、あなたのその優しさがどこから生まれたのか考えていました。

お母さんのことを見て学んだのか、それとも生まれた時から持っているものなのか。

人を憂うと書いて優しさだからあなたはちゃんと彼女のことを、彼女の悲しみを考えていたのですね。

いづれにせよ僕はぶっきらぼうで鈍感な人間なのであなたのような思いやりをちゃんと持たなくてはと思いました。

あなたの成長が僕の成長にも繋がっています。

ありがとう。

 

 

 

2017.08.15ブログ

blackbird からの手紙 3 2017.8.15

真夏の昨日、陽が沈んで、真っ黒に日焼けしたあなたとお姫さまごっこをした時にね、(僕はもちろん王子様)

「踊りましょう」とあなたが言ったんだよ。

僕は疲れてたけどあなたが満足するまで二人で手を取り合って踊ったよ。畳の上で。

あなたは真剣で、一切笑わずに、お姫様になりきっていて、汗を流しながら踊っていたよ。

僕はそれを見ていたら、疲れが吹っ飛んだよ。

それからね、売上がいいと悪いとか、じいちゃんはそろそろ逝ってしまうなとか、夏は電気代かさむなとか、

誰のための政治やねんとか、税金返せとか、読んでいない本がどんどん溜まっていくなとか、観たい映画があるなとか、

あなたとフェスに行きたいなとか、あの本仕入れるかどうしようかなとか、

そんなこと全部どうでもよくなってしまったよ。

ただただあなたを可愛い人だなあと思い、生まれてきてくれてありがとう、と思ったよ。

40近くなっても夏の夜は切なくなるんだなと思ったよ。

踊る姿をちゃんと目に焼き付けておこうと思ったよ。

今しか見られないからね。

来年の夏は初めての夏休みですね。

頑張って遊ぶ時間作ります。

 

 

2017.03.19ブログ

blackbirdからの手紙 1 2017.3.17

5歳の誕生日おめでとう。

僕は驚いています。

自転車を漕いでいるあなたの姿に。

ワンピースの背中のファスナーを閉めて欲しいというあなたの姿に。

(そしてファスナーを閉めている自分の姿に)

あなたの髪のリンス(リンス!)を洗い流していると「サラサラ取れちゃうから流しすぎないで!」と言うあなたの姿に。

(そしてリンスを洗い流している自分の姿に)

 

誕生日にお母さんが作ってくれたコロッケとても美味しかったね。

作り方をその内教えてもらってください。美味しいコロッケを作れるというのはいつか必ず誰かを幸せにすると思います。

誕生日に送った「生きる」という絵本、厳密に言えばそこに書かれている詩はとても大切なことが書かれていると僕は思っています。

いつかあなたにとって大切な人が出来たとき(それは一人とは限りません)、その言葉はあなたを支えてくれると思います。

絵本を読まなくなっていつか忘れてしまってもいつかふと思い出してくれれば良いです。

ikiruehon