本とわたしを離さないで

tag archives : nakaban

2016.08.31ブログ

原民喜「幼年画」とnakaban「コップの中の風景」

実家の縁側に座り西瓜を食べていたのはいつだったか。

西瓜の種はどこまで飛んだのだろう。

父や母と何を話していただろう。祖父はどこにいたのか。祖母は座って笑っていたに違いない。

西瓜ほど夏の思い出を喚起させる果物はないだろう。甘い水分が口の中に広がるとたちまち子どもの頃を思い出す。

 

原民喜の「幼年画」はそんな誰もが持つ子どもの頃の記憶を、子どもの目線とこの上なく美しい日本語で描いた傑作だ。

記憶の中の小さな声、会話、風景が物語となって目の前に広がる。何事にも代え難い読書の喜びがここにある。

夏祭り、川遊び、鯉、祖母のご飯、兄弟や親戚との遊び、父と二人で汽車に乗ったこと、海、花火、小学校。

舞台は様々だが著者の記憶は読者の記憶と見えないところで結びつき、たちまちあの縁側でスイカを食べていた頃を思い出させてくれる。

昨年の夏、この短編小説集と作家に出会えたことに僕は喜んだ。

 

「幼年画」は初版とその初版が完売した後、新版として装幀を一新したものと表紙が2種類ある。

表紙の絵、題字は共に広島在住の画家nakabanによるもので、コップが描かれている。

先日そのnakabanの個展が池田の小さな山の麓にある古民家を再利用したギャラリー「Fältフェルト」であり、大雨の中家族を連れて観に行った。

旅と記憶を主体とした幾つかの絵の中にまた新しく展示のために書き下ろされていたコップの絵があった。

「コップの中の風景」とある。

「幼年画」の初版の絵(題は「帰路」)と同じようにコップの中に町が描かれている。

これから「幼年画」を読み返すたびにこの絵に触れることになる。

このコップの中の町は原民喜が見た風景でありnakabanが見た風景であり僕が見た風景だ。

僕たちはコップの中の風景を、町を、記憶の中を、彷徨っている。

 

無題 IMG_20160820_0001