本とわたしを離さないで

2018.04.22展示

5/8.火~5/27.日『はじまりが見える 世界の神話』阿部海太 原画展

IMG_20180421_0001

人は何故絵を描くのでしょう。

個人的な動機とは違う、何故遥か昔に人は絵を描き始めたのか、そして何故現代でも変わらず多くの人が絵を描き続けているのか、という漠然とした問い。

私はその答えのかけらを、神話の中から拾うことができると考えています。

-阿部海太「はじまりが見える 世界の神話」あとがきより

 

 

「世界を旅するイラストブックシリーズ」(創元社)より刊行された『窓から見える世界の風』と『はじまりが見える世界の神話』。

2冊の刊行を記念し、それぞれの絵を手掛けられた、阿部海太さんとnakabanさんの原画展を開催いたします。

 

まずは第一弾、『はじまりが見える世界の神話』阿部海太原画展。

5/8.火~5/27.日

この本は、遥か昔より、細部を失いながらも語り継がれてきた、「世界のはじまり」関する世界各地の20の創造神話を集めたものです。

天や大地の誕生、人間の運命を辿る壮大な物語。

阿部さんはこの神話と人間が絵を描くことの不思議を重ね合わせ、世界のはじまりの風景を描きました。

どうぞこの圧倒的な絵画を前に「生きていること」の不思議を感じにいらしてください。

 

お二人の原画展開催を記念し、トークイベントを行います

6/2.土

「もしも絵が言葉であるとしたら」

nakaban × 阿部海太

18:00~19:30 参加費1500円

ご予約は店頭、メール、お電話にて承ります

blackbird books | 06-7173-9286 | info@blackbirdbooks.jp お名前、ご連絡先、人数をお知らせください

協力 創元社 | デザイン 角谷慶 (Su-)

hajimari

sekainokaze