本とわたしを離さないで

2020.06.14展示

2020.6.27(sat)-7.19(sun) 「記憶のアトリエ」 – 2020年 夏、blackbird booksで –

20200512記憶のアトリエA4フライヤー(シンプル)

zine作家 藤田理代(michi-sirve)さんのblackbird booksでは2年半ぶりの展示です。

藤田さんは29歳の時に絨毛がんを患い、そのことが出発点となって“大切な記憶”をテーマに、病院や地域で手製本の展示やワークショップを通して語りづらい想いや経験を共有する活動をはじめました。

現在は主にがんを経験された方やご家族、医療や福祉に関わる方々と、本づくりを通して人の想いや記憶を交わすきっかけづくりを続けています。

今回は藤田さんが病院や地域でひらいている記憶を本に綴じる小さな本づくりの移動アトリエ「記憶のアトリエ」での体験を元に製作した手製本の展示と販売を行います。

本の記憶、花の記憶、音楽の記憶、旅の記憶、装いの記憶、食卓の記憶、ことばの記憶……

そんな日々のささやかな記憶を思い浮かべ製作されました。

製本屑から仕立てたレターセットやメッセージカードなど誰かと想いを交わすための小さな紙小物も少し並べています。

どうぞお楽しみに。

 

藤田理代(michi-sirve)

ZINE作家。29歳で絨毛がんを経験し、患者や家族の「大切な記憶」を交わすための手製本の制作・展示活動をはじめる。病院や地域で本づくりの移動アトリエ「記憶のアトリエ」をひらきながら、患者や家族、医療者が想いや記憶を交わすきっかけづくりを続けている。
※連載「まなざしを綴じる」(日本看護協会出版会)

 

letterset01 messagecard05 seihon0511-10 swatch15 zine-flower04