本とわたしを離さないで

2020.01.31展示

2月29日(土) ~ 3月15日(日) 植本一子 『うれしい生活』出版記念写真展

ureshii

『娘たちの成長と、夫の死ー。 家族のかたちを模索した十年の軌跡』

写真家植本一子の初の写真集「うれしい生活」の出版を記念し、blackbird booksにて写真展を開催します。

渋谷、名古屋からの巡回展となります。

この十年、植本さんは夫、娘たち、母親、恋人、友人たちとの極めて個人的な関わり(物語)を日記に残し、「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」「台風一過」と著書として発表してきました。

写真集「うれしい生活」にはその十年間撮り続けた夫、娘たちをはじめとした家族や友人たちの写真が収められています。

時が経つに連れ家族の様子は変わっていきますが、いつも皆、光に包まれているように見えます。

『あなたに会えて私はうれしい たとえ一緒にいられなくても』と語る植本さんが何を写して来たのか、是非観にいらしてください。

 

下記トークイベントはコロナウイルスの影響により中止となりました。

何卒ご了承くださいませ。

【植本一子 トークイベント】

2/29(土)19:00~20:30

参加費:1500円

定員:先着25名様 

会場・ご予約:blackbird books  / 06-7173-9286 / info@blackbirdbooks.jp お名前、人数をお知らせください。

 

植本一子

1984年広島県生まれ
2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞。 写真家としてのキャリアをスタートさせる。
広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活躍中。

2013年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。

著書に「働けECD〜私の育児混沌記〜」(ミュージック・マガジン)「かなわない」(タバブックス)「家族最後の日」(太田出版)「降伏の記録」(河出書房新社)「フェルメール」(ナナロク社・BlueSheep)「台風一過」(河出書房新社)がある。