本とわたしを離さないで

2019.02.07イベント

【受付終了】3/10(日)18:30~「90年代のこと」対談トークイベント 堀部篤史×島田潤一郎

写真 2019-02-07 14 10 13

こちらのイベントは満席となりましたので受付終了とさせて頂きます。

たくさんのお問い合わせありがとうございました。

-----

 

“二十世紀最後の十年間は、僕にとって修行時代だった”

「90年代のこと」刊行を記念し、著者の堀部篤史さん(誠光社)と発行者の島田潤一郎さん(夏葉社)による対談トークイベントを開催致します。

堀部さんは初めての、島田さんは3度目のbbbご登壇です。

貴重な対談、奮ってご参加くださいませ。

 

夏葉社の島田さんから誠光社の堀部さんと90年代についての本を創っていると聞いて、僕は読むのを楽しみにしていました。

お二人は僕より年上の先輩だけれど、やはり90年代に多感な時期を過ごした僕としてもお二人がこの時代にどのような影響を受け、

今のお二人の仕事にどのように繋がっているのか、大変興味があったからです。

帯に「思い出と考察」とあるように過去を振り返りながら今との違いを明確に示し、本屋を続けていくために本当に必要なことを見極めていく。

「昔はよかったなどと言うつもりはないが、もうこれ以上いらないとは強く思う」

「どうしてこんなに息苦しいんだろう」

時に心情を吐露しながらも「修行時代」を冷静に考察することで揺るぎない価値観を記された本書は小商いを続ける多くの人にとっても指針になるのではないでしょうか。

そんな90年代の思い出と考察を聞きに来てください。

 

「90年代のこと」対談トークイベント 堀部篤史×島田潤一郎

3/10(日)

18:30~20:00(18時会場)

定員:25名様

参加費:1200円

ご予約は店頭、お電話、メールにて承ります。

06-7173-9286

info@blackbirdbooks.jp

お名前、人数をお知らせください。

 

堀部篤史

1977年生まれ、京都府出身。学生時代より恵文社一乗寺店でアルバイトを始め、2015年8月まで同店店長を務める。独立後、誠光社を立ち上げ、店舗運営、イベント企画、出版などを手がける。著書に『90年代のこと 僕の修業時代』(夏葉社)、『街を変える小さな店』(京阪神エルマガジン社)ほか。

島田潤一郎

1976年高知県生まれ、東京育ち。2009年9月に出版社夏葉社を吉祥寺で創業。『昔日の客』(関口良雄著)、『星を撒いた街』(上林暁著)などの昭和の名著の復刊などをひとりで手がける。著書に『あしたから出版社』(晶文社)がある。