本とわたしを離さないで

2015.06.06ブログ

父と娘のささやかな日々。 黒田三郎 / 小さなユリと

IMG_20150529_0002

ある日夏葉社の島田さんからメールで案内が届いて、そのメールにはこんな詩が載せてあった。

———————-

「ハヤクココキッテヨー オトー」

「ハヤクー」

 

かんしゃくもちのおやじが怒鳴る

「自分でしなさい 自分でェ」

buy latisse online pharmacy

かんしゃくもちの娘がやりかえす

「ヨッパライ グズ ジジイ」

おやじが怒って娘のお尻をたたく

小さなユリが泣く

cialis directions

大きな大きな声で泣く

 

それから

やがて

しずかで美しい時間が

やってくる

おやじは素直にやさしくなる

generic viagra online

小さなユリも素直にやさしくなる

食卓に向かい合ってふたりすわる

———————-

夏葉社さんが復刊される本は「昔日の客」をはじめ間違いないので、最初から注文するつもりでいたけれど、この詩には早速参ってしまった。

私事ながら僕にも小さな娘がいるので、この私詩を微笑みながら一気に読んでしまったのです。

そんな日々が12篇入った小さな詩集。装画は「小さなユリ」が書いたもの。

この詩集や詩人についての背景をエッセイストの萩原魚雷さんが素晴らしい文章にされ、巻末に小さな手紙のように添えられています。

cialis online purchase

そしてその手紙には酔っぱらいおやじと小さなユリが手を繋いで歩いている写真が印刷されています。

order generic cialis

夏葉社さんが完全復刻された1960年刊行の歴史的な詩集。是非手に取ってその紙の手触り、言葉の温度を感じ取って頂きたいのです。

僕はこれから何度この本を読み返すことになるのか、それは娘の成長を見ていくようです。

 

 

 

IMG_20150529_0002

小さなユリと

この書籍の詳細を見る