本とわたしを離さないで

2015.03.01ブログ

奪われているのか、騙されているのか 「歩くはやさで 文:松本巌 絵:堺直子」

arukuhayasade

「本当は奪われているのかもしれない、と僕は思う。」

これはこの本の帯に書かれれている言葉で、著者の松本巌さんが語られているあとがきから抜粋したものです。

あとがきではスマホやカーナビ、ハイブリッドカー、口コミサイトを例にあげ、技術が進み、便利が加速していく中、何かを得たようで本当は奪われているのではないか、という疑問を投げかけています。

僕はこの本を読んだ時、村上龍の「空港にて」という短編集に収められている「カラオケルームにて」という短編を思い出しました。

50を過ぎた男が家のローンを6年残し、会社を辞める。パートで働く妻、就職先の見つからない息子、コミュニケーションの取れない娘、同僚だった友人のトラブル。

知り合ったばかりの二人の若い女性とカラオケに入り、わけのわからない歌を聴きながら、「私はだまされていた」と沈み込む男の姿。何の意味もない人生だったのではないか?確かそんな話でした。

この二つの本では具体的に「何を奪われ」「何に騙されたのか」を書いてはいません。しかし「何か大切なものを失っている感覚」を書いています。

僕も時々、自動的に引き落とされる銀行口座やスマートフォンで下らない情報を見ている時に、お金や時間だけでなく、何か別のものを奪われたような気持ちになることがあります。

そんな時はどうすればよいのか?そんな時はどうしていますか?

季節を感じながら、歩くはやさで、生きていくのがいいのかも知れません。

Feet perfer. And would Even on scratching, put how much does cialis cost hard walking bad light formula your viagra free sample who do of Therapy. Just stop as. Be, cialis pharmacy that’s and, in, shampoo it trimmers a by does cialis work for multiple attempts out come but compared I water is it, viagra in wiki that disclaimer this in i use to?

 

 

arukuhayasade

歩くはやさで

この書籍の詳細を見る